大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

それはそれとして。

歯医者に口を開けているとき、

 

ただ時間が早く過ぎるのを我慢するだけだ。

 

実は本当に痛くて怖いのは、

 

長く待たされる待合室の時間なのかもしれない。

 

 

「痛み」の中にいるとき、不思議と痛みは感じない。

 

「痛み」に限らず、自分の感じていることを理解するためには、

 

ただ観る人になる必要がある。

 

「痛み」の中にいるとき、それは驚くほどに静かだ。

 

台風は、遠いほどに荒れ狂っているように見えるが、


その中心はまったくの無風だ。

 

どんなに高い波が列をなす嵐も、

 

光の届かないほど深い底には、静かな闇が広がっている。

 

暴風も、静寂も、

 

痛みも、癒しも、

 

すべてひとつなぎのうねりの中にいる。

 

そして、

 

「痛み」が通り過ぎると、「癒し」がやってくる。

 

その「癒し」が通り過ぎると、また別の「痛み」がそっと訪れる。

 

 

私は座り、ただ目を閉じる。

 

自分の顔、かたち、すがた、声、想念・・・

 

それはそれとして、

 

それをただ観る人になる。

 

やがてそこへ、ありとあらゆるものがやってくる。

 

その身を斬るような痛みが訪れる。

この身をよじるような喜びが訪れる。

 

凍えるような寂しさがやってくる。

春暖のような繋がりがやってくる。


真夏の夕立の雷鳴のような怒りが噴き出る。

丑の刻に深々と積もる雪のような諦念が滲み出る。

 

南国の孔雀の羽根のような極彩色が浮き出てくる。

色彩のない白と黒の世界に沈み込む。

 

呑み込まれるような好意を寄せられる。

蛇蝎に向けるような敵意を寄せられる。

 

巨大な建築物が崩れ落ちる轟音が聞こえてくる。

天衣無縫のような天上の音楽が聴こえてくる。

 

掌に触れた刹那に消える粉雪のような儚さが見えてくる。

嵐の前でしなやかに揺れる柳のような強さが見てくる。

 

星彩と福音とともに大天使がやってくる。

遠雷と瘴気とともに魑魅魍魎がやってくる。

 

けれども、私はどこへも行かない。

 

ここに、いる。


 

それらは、みな「観る人」になることで見えてくる。


それでも、それらは何もしない。


ただ、通り過ぎるだけだ。

 

ただ、通り過ぎるだけ。

 

そして私は、それらをただ観るだけだ。


そのあとに残るのは、耳が痛いほどの、静寂。

 

しばらくすると、またそれらがやってくる。

 

通り過ぎる。

 

また訪れる、静寂。

 

やはり、

 

その静寂は、愛と呼ぶべきものかもしれない。

 

 

静かに私は目を開ける。

 

私はどこにも行っていない。

 

私はどこにも行かない。

 

いまここに、いる。