大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」に寄せて

どうしようもなく悲しいとき、

人生の困難に直面したとき、

出口のない迷路に迷い込んだとき、

 

人を慰め、励まし、元気づけてくれるものがある。

 

それは、昔の写真の笑顔だったり、美しい詩集であったり、はっと目に留まった風景であったり、仲間との会話であったり、応援している選手の活躍する姿だったり、

人によってさまざまだ。

 

けれども、ほんとうに辛いときや、しんどいとき、

最後に人を慰めてくれるのは音楽のような気がする。

 

目で何かを認識する文学や絵画、舌の上を転がるような美食、鼻腔をくすぐる花の香り、肌の質感を味わう官能・・・そのどれもが、能動的な喜びのように思う。

 

しかし、何かを聴く、ということは受動的のように思える。

 

意識して文字を追ったり、美食のメニューや場所を考えたり、香りの根っこを探しに行ったり、肌を合わせる相手のことを考えたり・・・そうした主体的な行動で得られる喜びや励ましと、音楽は少しだけ違う気がするのだ。

 

音楽は「時間の芸術」と呼ばれるように、

ただ身体を横たえて、受動的にその音色の流れに身を寄せることができる。

 

それは、目を閉じたくなるほど、何も話したくないほど、この身体を1ミリも動かしたくないほど、傷ついた心と身体にとって、なによりもありがたいことなのだと思うのだ。

 

 

そんな、つらいときに聴きたい音楽。

 

サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」は、

私にとってその代表格だ。

 

リリースは1970年。

私はまだ生まれてもいない時代の、名曲中の名曲。

 

原題は「Bridge over Troubled Water」なのだが、この「明日に架ける橋」という邦題を付けた訳者は天才だと思う。

 

静寂の暗闇から右手の中指を伸ばして、何かを探すような歌い出し。

そこにあるのは、静かに沈んだ、しかしどうしようもなく重い、痛み。

 

 

沈んだ心をアート・ガーファンクルの人ではないもののような、やさしい音色をした歌声が、切々を人々の寂しさ、辛さ、困難を歌い上げる。

 

そのやさしい音色は、しかし確信をもって語りかける。

あなたを必ず助けよう、と。

  

「明日に架ける橋」が、閉じたまぶたの裏に見えてきそうになる。

そのリアリティを支えるのが、ポール・サイモンのバックコーラス。

 

歌声でこの曲の緊張感と盛り上げ方は、神がかっている。

 

やがて歌声は収縮し、再び静かに傷んだ心に寄り添う。

 

やがて音楽は終局に向かい、大きな転換を迎える。

ちょうどその「明日に架ける橋」を渡る中間のように、どちらつかずの不安定な状態になりながらも、ガーファンクルの声は明確な意思を指し示す。

  

どこまでもまっすぐ、あなたの心に寄り添おうと歌い上げるガーファンクルの歌声。

それに呼応して、歩みをともにするサイモンのコーラス。

 

もう、これ以上のものは作れない。

 

この曲を最後に、彼らが解散したのも頷けるような、

そんな珠玉の名曲。

 

どれだけこの曲に救われた時間があったか、分からない。

 

 

いまこうして書いていて、少し思うことがある。

いったいこの曲を書いたサイモンは、誰に向かって書いたのだろうか。

 

かけがえのないパートナーだろうか。

愛する子どもだろうか。

それとも、大切な友人だろうか。

 

そのどれでも説得力がある気はするし、聴く人の数だけ正解があるのだろう。

 

けれども、いま私が聴いていて感じるのは、

 

自分自身に向けて

 

というのが、最も心の琴線に触れる。

 

どんなに傷ついて苦しくて辛くても、

わたしだけは、わたし自身を裏切らない。

 

「明日に架ける橋」のように、

この身を横たえてでも、わたし自身に寄り添っていく。

 

悲しみも痛みも、どこまでもわたしのもの。

そのままに感じることができれば、それは昇華していく。

 

どれだけ痛く悲しく辛くても、

わたしがいつまでも一緒にいるから、だいじょうぶ。

 

わたしの最高の味方は、いつでもすぐそばにいる。

 

 

彼らがそんなふうに歌っていると思うと、

何とも勇気をもらえるのである。

 

わたしがわたし自身の味方だったなら、

どんな困難も悲しみも、きっと感じ尽すことができる。

 

そんな気がするのだ。

 

やはり、音楽はいい。

 

f:id:kappou_oosaki:20181220195100j:plain