大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

ブルーベリーの実る丘から。 ~滋賀県大津市・ブルーベリーフィールズ紀伊國屋 訪問記

何度目かの訪問になるのだろうかと考えていた。

ぼんやりとそんなことを考えていると、初めて訪れたときと同じように、私は山中の分かれ道を間違えて、延暦寺霊園の方に行ってしまった。

毎回、この岐路を私は間違える。 

単純に考えても2分の1のはずなのに、毎回この岐路を間違えるのは、

「そんなに焦らなくてもいいよ。もっとゆっくりでいいよ」

と言われているのだろうか。

正しい道に戻ると、いつもの街中の道とは一味違う山道に、エンジンは唸りを上げた。

その先に桃源郷は、あった。

f:id:kappou_oosaki:20190905083402j:plain

以前に訪れたときの記憶と、変わらない看板を見て、私はほっと一息つく。

あぁ、またここに来ることができたんだ。

f:id:kappou_oosaki:20190905083219j:plain

遥かなる眼下に琵琶湖を見下ろす、ブルーベリー畑の絶景。

週中の雨予報などどこへやら、夏の強い陽射しに目を細める。

ワーカホリックに仕事をしていた時代に、初めて訪れた。

ただやさしい眼をした方たちと話すだけで、癒された。

その後、折を見ては何度か訪れた。

「家電の『アース』って言葉があるけど、人もそうなんよ。土を触っていると、『アース』されて、癒されるんよ」

そう言って、三日月のような瞳をさらに細くして笑っていたのを思い出す。

子どもたちを連れて、摘みに来た。

「くろくてまんまるの、おおきなみをとってね。あかいみはあかちゃんだから、まだとっちゃだめだよ」

その教えを、子どもたちは今もよく覚えている。

f:id:kappou_oosaki:20190905083506j:plain

風が、吹いた。

陽射しは夏だけれど、その風には秋の訪いを感じた。

それでも、夏の終わりまで、ブルーベリーのちいさな実は待ってくれていた。

久しぶりに触るその実は、記憶の中のそれよりも小さく、それでいて神々しかった。

一つ口に含むと、夏の太陽の味がした。

夏の強い陽射しをたっぷり浴びて、台風や雨にも負けず、この日まで実ってくれていて、ありがとう。

心の中で、そんなことを呟きながら、実を一つずつ愛でていく。

f:id:kappou_oosaki:20190905083207j:plain

見渡せば、大好きな人たちもまた、思い思いの場所で、実を摘んでいる。

ときに黒い実と赤い実とにらめっこをしながら。

ときに、枝の間から覗く誰かと言葉を交わしながら。

僕は、その風景を見たかったのだと思うけれど、どこかで見た風景のような気もした。

f:id:kappou_oosaki:20190905083353j:plain

眼下にブルーベリー畑と琵琶湖を眺めながら。

一つ一つの食材のお話しをお聞きしながら、この瞬間を愛でる。

食事を楽しむというのは、ただ料理の味を楽しんでいるだけではなくて。

ただ、その瞬間、瞬間を愛する楽しみなのだと気づかされる。

至福の時間は、私に一つの真実を教えてくれる。

すなわち、

「いま、この瞬間を愛せ」、と。 

行きとは違う風景に見える、帰り道。

ブレーキをかけながらの下り坂。

今日、ここに来れてよかったと思う。

それと同じくらいに、またここに来たいと思う。

そのとき、私はまた行きの分かれ道を間違えるのだろうか。

それでもいいのだ、と思う。

ブルーベリー畑への行き道だって、人生の岐路だって、私はきっと何度でも間違えるのだろう。

それでいいのだ。

間違えたと思ったら、また引き返せばいい。

そして、農園で黒くて大きな実に、また今日のように教えてもらおう。

 f:id:kappou_oosaki:20190905083157j:plain

「そんなに焦らなくてもいいよ。もっとゆっくり歩いていいよ」

と。

気付けばいつの間にか、空を厚い雲が覆い始め、フロントガラスを一粒の雫が叩いた。

もう秋だな、と思った。

f:id:kappou_oosaki:20190905083344j:plain

一仕事終えて。

やさしい場所にいると、顔もほころぶようだ。

お世話になりました。

ありがとうございました。

bbfkinokuniya.com