大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

月下寂寞再見。

月が、斬られていた。

f:id:kappou_oosaki:20191216081549j:plain

座標軸を表すような経度線が、天体にかかっているように見えた。

飛行機雲か何かだろうか。

この遅い時間に、飛行機雲などができるのだろうか。

川の小橋の上、そんなことを考えながら、めずらしい天体の景色を見上げていた。

f:id:kappou_oosaki:20191216081539j:plain

人はこころの内面にあるものを、外界に映し出すと言われる。

もしそうだとしたら、私の内面で、何が斬られているのだろう。

吹きさらしの小橋の上、冷たい師走の風はことさらに堪えた。

f:id:kappou_oosaki:20191216081530j:plain

しばらく眺めていると、その傷跡のような座標軸から、月は少しずつ離れていった。

こんなにも月が動くのは速いものなのか、と思ったが、月が離れたのか、それとも座標軸が動いたのかは、分からないのだと思い直した。

気付けば薄い雲のヴェールを被り、ぼんやりとした輝きを放ち始めていた。

その月は、寂しそうな表情をしていた。

またこれか、と嫌になる。

親友と久しぶりに再会したときの喜びが大きいように、

久しぶりに再会した寂しさの闇もまた、格別に深い。

f:id:kappou_oosaki:20191216081724j:plain

どれだけ大人数の中にいても、

どれだけ大切な人たちの中にいても、

孤独感がぬぐえない。

いや、むしろその逆で、自分の周りの人の数や大切さと反比例するように、深々と降り積もる寂しさ。

それは、結局のところ、

誰かとつながっているか、

ではなく、

どれだけ自分とつながっているか、

ということを教えてくれるだけだ。

この寂しさに気づいてから、それを癒す方法も学んできた。

誰かと話す

寂しい時に寂しいと言う

(特に両親に)感謝できることをたくさん探す

自分を愛してくれた人たちを思い浮かべる

どれも、寂しさを癒すことのできる魔法たち。

されど、それを「やる」かどうかは、また別の話なのだ。

魔法使いは、魔力がないと杖を振るえない。

f:id:kappou_oosaki:20191216081715j:plain

魔力の尽きた魔法使いよろしく、私は弱弱しい足取りで小橋を後にした。

まずは、寂しさを否定しない

ということだろうか。

もしせむしからその背のこぶを取るならば、それはかれの精神を取り去ることになる。これは民衆がわたしに教える智恵だ。

 

ニーチェ「ツァラトゥストラはかく語りき」

かつてニーチェが語った金言が思い起こされる。

この寂しさは、翼だ。

f:id:kappou_oosaki:20191216081706j:plain

気付けば、月は中天に輝いていた。

傷跡のような雲もまだ、浮かんでいた。