大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

覚悟は、言葉に現る。

「ベストを尽くします」

 

そう彼女は繰り返した。

 

心に秘めた目標も、その数字もあるにはあるだろうが、その言葉を繰り返した。

 

控えめとも取れる意気込みが、逆にその覚悟を際立たせる。

 

 

ほんとうに強い人ほど、強い言葉を使わないのかもしれない。

 

あくまで、自然。

 

柳のように揺れながら、竹のようなしなやかさを持ちながら。

 

強さとは、砕けない硬さではなく、折れないしなやかさ。

 

「ベストを尽くします」 

 

その言葉に、そんなことを想う。

 

 

いったい、ベストを尽くすとは、どういうことだろう。

 

それは、一つの終着点として。

 

やることは、やってきた。

 

そして当日も、やることを尽くす。

 

その、宣言。

 

その宣言をするとき、人はいまここに生きる。

 

思うようにできなかった過去の後悔や、

あるいは

未来と結果をコントロールしようとする欲も、

そこにはない。

 

あるのは、「いま」のベストを尽くす、という覚悟のみ。

 

覚悟とは、

ままならなかった過去を受け入れ、望まない結果が訪れる未来に身を委ねる、

そんな強さなのかもしれない。

 

 

英語の”will”という語は、未来と意志と二つの意味を宿す。

 

それは、同じコインの裏表なのだろう。

 

そのコインの名を、

 

覚悟

 

という。

 

覚悟は、言葉に現る。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200215192745j:plain

花はいつもベストを尽くしているような。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2020/2/15

1.寄稿記事:「黎明の砂(仮)」 執筆中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________