大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

また、ブルーベリーの実る丘から、琵琶湖を眺めたい。

滋賀県は琵琶湖の湖西、大津市。

かの有名な延暦寺比叡山もある、その大きな湖を見下ろす山中に、ブルーベリーの実る丘がある。

37年前、一人の女性がブルーベリーの苗木を植えて、無農薬栽培を始められた。

農薬全盛のその時代、そして当時はあまり認知度の高くなかった、その小さくて黒い果実を育てていくのに、数多くのご苦労があったかと思う。

それから時が流れ、いまではそのブルーベリーをはじめとした数々のジャム、そして生産者の顔の見える素材を使ったレストランが、人のつながりを生み、たくさんの笑顔を生んできた。

f:id:kappou_oosaki:20190905083402j:plain

ブルーベリーフールズ紀伊国屋さん。

私も、そのつながりの中で、笑顔を与えられてきた一人である。

紀伊國屋さんの味は、どこかに爽やかさと優しさが宿っている。

それは、あの琵琶湖を望む農園の空気と、そこで働くスタッフの方々の笑顔と、無関係ではないように思う。

f:id:kappou_oosaki:20190905083207j:plain

眼下に琵琶湖を見下ろす絶景。
たわわに実る、黒くてまんまるの実。
とびきりの大きな実を見せあい、こぼれる笑顔。
草いきれの中、元気に飛ぶ蜂や虫たち。
とびきりの笑顔でサーブされる、美しい一皿。

あの丘で体験することすべてが、ジャムに、そしてパンに宿っているように思う。

外出や移動の制限というのは、ことのほか辛いものだ。

人にとって、人に会いに行くというのは、根源的な欲求なのだと思い知らされる。

それでも。

それでも、そんな「いま」でも、紀伊國屋さんを味わうことができる。

bbfkinokuniya.com

いま、この大変なときでも、

ジャムを炊いている方がいる。

パンを焼いている方がいる。

一つ一つの商品を、丁寧に梱包している方がいる。

そして、それを届けてくださる方がいる。

f:id:kappou_oosaki:20200426141241j:plain

その方々のおかげで、この絶品のジャムとパンを楽しませて頂くことができる。

「いま」だからこそ、味わえる味が、ある。

「いま」しか、味わえない味が、ある。

あの暑い夏の陽射しの中、黒く輝くブルーベリーの実を、思い浮かべながら。

その味が、自粛に疲れた心を、癒してくれる。

f:id:kappou_oosaki:20190905083157j:plain

また、あのブルーベリーの実る丘から、琵琶湖を眺めるのを楽しみに。

そのジャムとパンの味に癒されながら、その日を楽しみに。