大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

男の負け顔の持つ色気。 ~長渕剛「しゃぼん玉」に寄せて

長渕剛さんの名曲、「しゃぼん玉」。

物心ついたころに、テレビドラマで長渕さんご本人が、やくざの役を演じていたのを覚えている。

調べてみたら、そのドラマ「とんぼ」(これも名曲だ)が放映されたのが1988年、私が8歳のときらしい。

さすがに8歳では、そのやくざ役は「こわそうな人」くらいしか印象になかったが、その後、私も人並みに中二病を患い、長渕さんの曲を好むようになった。

破れた夢、男の友情、内に込めた情熱、どうしようもない男の愚かさ、弱さ、未練…そのどれもが、男として色っぽいのだ。

姉二人はまったく理解を示さなかったが。

男が憧れる男のセクシャリティというものに、女性は興味を示さないのかもしれない。

面白いものだ。

f:id:kappou_oosaki:20200723215405j:plain

ベストアルバム「いつかの少年」を何度も聴いていたのを思い出す。

伸びのある声で哀愁たっぷりに切々と歌われる、「巡恋歌」「順子」が収録されたDisk-1。

焼酎でうがいをして自ら声帯を焼き切ることで得た、しゃがれ声で歌われる、「とんぼ」「しゃぼん玉」「乾杯」など珠玉の名曲が収録されたDisk-2。

そして、のちの肉体改造による、パワフルなライブパフォーマンスの萌芽が見える「Captain of the Ship」などが収録されたDisk-3。

Disk-2を、よく聴いた。

前述の「男のセクシャリティ」が、存分に味わえるからかもしれない。

「しゃぼん玉」は、負けた男の哀愁、ひいては男のカッコよさが滲み出ている。

「博打打ちとしての器は、負け顔に出る」というが、似たようなものかもしれない。

歌詞の一つ一つのフレーズに滲み出る、男の負け顔。

それはすなわち、男の色気なのかもしれない。

一般的に男性は競争を好む。

優秀でなければ、強くなければ遺伝子を残せない名残なのだろうか。

勝って、勝って、勝ち続けなければ、存在意義を失う。

昔であれば競う対象が腕力、武力であったものが、年収や社会的地位に変わっていったのだろう。

男性は、そんな競争の中で、今日も切磋琢磨する。

ところが、競争に敗れた男に「色気」が宿るのは、なぜなのだろう。

いや、その「色気」は男が魅力的に感じるものだから、女性にとっては違うのかもしれない。

「しゃぼん玉」を聴いていると、そんなよしなしごとを考えてしまうのだ。