大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

断酒日記 【630日目】 ~目的も終わりも、定めない

さて、断酒630日目である。
月数にすると、もう21か月目に入ったと思うと、感慨深い。

心身面では、特に記す変化もなく、淡々としている。

断酒をして、夏のビール欲は「ノンアルコールビール」で紛らわすことができると知ったが、そもそも「ノンアルコールビール」を飲むことも少なくなった。

ウィルキンソンなどの炭酸水、もしくはお茶で十分になってしまった。

不思議なものだ。

そういえば先日、久しぶりに会った方との会話が、少し面白かった。

「そういえば、まだ解禁してないんですか?」

「ええ、まだ飲んでないですねぇ」

「えぇ、まだ続いているんですか…?いつまで続けるんですか?」

「いや、特に決めてないですけど…いつまででしょうね」

「へえ…もうずっと飲まないつもりなんですか?」

「絶対飲まないって決めてるわけじゃないですけど…先のことは、分かんないですよね」

「決めてないなら、また今度飲みにでも行きましょうよ」

「いまは飲もうとは思わないんで、とりあえずは遠慮しときますわ」

「ふーん、そんなもんですか…でも、そもそも何で酒を断ったんでしたっけ?」

「うーん…なんでだろう…断酒を決めた日と場所は覚えてるんですけどね。近所の川のカメに、子どもとエサをやりながら、『あ、酒、やめてみよう』って、ふと思ったっていう」

「そんなもんで、1年半以上もやめれるもんなんですかね」

「いや、実際そうなんです。『なんで?』って言われると、なかなか困っちゃう」

「そうなんですか。なんででしょうねぇ…」

考えれば、不思議なものだ。
断酒をしようとおもったのも、確たる目的があってしたわけではない。

カメにエサをやっていたら、何となく、ふと、である。

終わりをいつまで、と設定したわけでもない。
それがどこにつながっているのかも、分からない。

けれど、ふと、そう思ったことに従っただけだ。

理由は、いつも後付けだ。

なぜなら、そこに並べられるすべてのメリットの裏側に、等価値のデメリットが存在するからだ。

「八方美人」と、「社交性」のように。
「慎重さ」と、「臆病さ」のように。
「晴天」と、「干ばつ」のように。
「人生最大の悲劇」が「人生最大の喜劇」にもなるように。

陰陽が支配するこの世界に、白黒一色で塗りつぶせるものなど、ありはしない。

そのどちらを選ぶのかは、最終的には「ふと」としか言いようがない気がする。

目的も、終わりも。

そのいずれも、定めなくてもいいのかもしれない。

そのまま、伸びやかに、揺蕩うように、心安らかに。

たた、今日この日を。

それでいい。