大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

灼けた肌が剥がれ落ちるように。

明らかに、雲の表情が変わった。

 

空の透明さが、増した。

 

うだるような外気温は、もうそこには無かった。

 

草むらから、チチチ、と涼やかな声がした。

 

もう、蝉の声はなかった。

 

 

「うわっ!おとう、何それ、キモッ!」

 

息子に気持ち悪がられて、肩から背中にかけての皮がめくれていることに気づいた。

 

先日、プールで油断して大いに灼けてしまった肌が、剥がれ落ちる。

 

夏の日差しをたっぷりと吸ったその肌は、役目を終えたように落ちていく。

 

そのカケラに、夏の思い出が詰まっているかもしれず、私はその剥がれ落ちた肌を見た。

 

息子は、怪訝な顔をしてこちらを見ている。

 

 

どこか、身体が重い気がする。

 

夏の疲れは、内臓に出る。

 

渦中にいるときは、意外と大丈夫なものだ。

 

境界線を越えたときに、「疲れ」を自覚することが多い。

 

それは、悲しみも、寂しさも、同じなのかもしれない。

 

動きやすくなったときこそ、ゆっくりと歩くべきなのだ。

 

ゆっくり、ゆっくりとで、いいのだ。

 

 

息子が大事に大事にしていたカブトムシが、一匹力尽きた。

 

幼虫から育てて、丸一年。

 

5月末にサナギから羽化したから、そこから3か月近くも元気に生きてくれた。

 

蛹室の形が悪かったのか、羽化した際にお尻のあたりの羽が、形状不良のまま固まってしまった。

 

息子と大丈夫かな、と心配したが、あまり影響なく長いこと生きてくれた。

 

もう昆虫ゼリーを替えることもない虫かご。

 

カブトムシが入ったままのそのケースを、息子は名残惜しそうに眺めている。

 

ゼリー、美味しかったのかな。

 

ぽつりと息子はつぶやく。

 

ああ、あんなに食べていたんだもの、きっと美味しかったんだと思うよ。

 

それ以外、答えようがなかった。

 

 

それは、どこか、祭りのあとのような。

 

どこか、同点に追いついた直後に、勝ち越しゴールを決められたような。

 

どこか、熱狂や興奮から冷めてしまったような。

 

夏の終わりは、いつも名残惜しく。

 

そして、物哀しく。

 

けれど、「かなしい」と「いとしい」は同じ語源のように。

 

秋が来る。冬が来る。春が来る。

 

かなしく、またいとおしい。

 

f:id:kappou_oosaki:20200827172103j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________