大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

不惑を過ぎてからの、身体との対話。

少しサボっていたランニングに出ようと、軽く準備運動としてストレッチをした。

ランニングに出るときの、いつものルーチンだ。 

頭の後ろで右手を曲げて、肘を左手で引いたときだった。

明らかに、感覚が違っていた。

以前に比べて、肩の可動域が広がったように感じた。

ぐい、と肩のあたりが、伸びる感覚。

ここのところ、ランニングはサボっていたが、ストレッチをずっと続けていた。

下半身のストレッチを中心にしていたのだが、それが肩にも波及したのだろうか。

何はともあれ、不惑を過ぎての身体のよい変化を、嬉しく感じた。

「年齢は単なる記号」とは、叶姉妹が仰った名言である。

その通りだと思う。

けれど、その記号なりの意味もまた、あるようで。

我が身に置き換えてみると、不惑を過ぎて、いままでとは違う身体感覚がある。

断酒を続けている恩恵で、不摂生はほとんどないものの。

疲れの抜け具合であったり、「何となく」身体がすっきりしない日であったり、ずーんとした腰の重さであったり。

それが年齢によるものなのか、生活習慣によるものなのかは、分からない。

ともすれば、それは「衰え」と表現できるのかもしれないけれど。

それは、どこか、身体からの「声なき声」のようにも思える。

そんな折、ふと目に入ったストレッチの動画を参考に、先月から身体との対話を続けている。

ここのところ、あやしい腰の痛みがたまに出ることがあったので、下半身、股関節のストレッチを中心に、20分から30分ほど。

それは、自分の身体と対話する時間ともいえる。

呼吸を止めないようにしながら、今日、いまこの瞬間の身体感覚に耳を傾ける。

もちろん、日によって、時間帯によって、身体の感じ方は違うし、「昨日はよかったのに、今日は硬いなぁ」と思うことも多々ある。

それでも、少しずつ、ほんとうに少しずつ、自分の身体が変化するのが、とても楽しい。

歳を重ねると、身体のケアに時間がかかるようになる。

スポーツ選手のお話を聞いていても、それは一つの真実だ。

けれども。

それは、手間がかかるというよりは、身体を通じてより深く自分と対話し、愛することができるようになるという「進化」なのではないだろうか。

早熟の天才というものが存在するのと同じように、時間を味方につける鬼才というものの存在する。

伊藤若冲は、30歳で絵を学び始め、40歳でようやく本格的に絵を描きはじめた。 
山本昌氏は、41歳でノーヒットノーランの偉業を達成し、50歳まで現役を続けた。
百折不撓の棋士・木村一基九段は、史上最年長の46歳で王位のタイトルを獲った。
ストラディバリウスのつくるヴァイオリンは、彼が60歳を過ぎてからが全盛期だった。
アンパンマンが初めてアニメになったとき、やなせたかし氏は70歳になる手前だった。

偉大な先達に倣うべく。

身体との対話を続けながら、その変化を楽しんでいきたい。

それは、歳を重ねること、人生を楽しむことと同義なのだろう。