大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

秋、日に日に深く。空、いよいよ高し。

秋が日に日に深まっていく。

もう朝晩は、半袖では少し寒いくらいだ。

すでに秋分も末候となり、「水始涸、みずはじめてかるる」の時候になった。

田んぼの水を抜いて、頭を垂れる黄金の稲穂を刈り取るころ。

落ち葉も目立ち始め、冬の気配も少しずつ。

だからというわけはないが、秋の空というのは、魅力的だ。

f:id:kappou_oosaki:20201006222947j:plain

夏の熱気を帯びた空もいいが、日増しに澄んでいくこの季節は、雲の形も特徴的で。

筋雲、うろこ雲、羊雲、鰯雲…
青く高く澄んだ空に描かれたそれらは、日々移り行き、日々変わり行き、目を楽しませてくれる。

f:id:kappou_oosaki:20201006222701j:plain

一つとして、同じ風景はなく。

それは、毎朝出会う今日も然り、日々すれ違う人たちでもまた、然り。

ぼんやりとただ見上げていても、気づけばぱちりと写真におさめている。

f:id:kappou_oosaki:20201006222642j:plain

羊の群れのような。

羊雲が出ると、雨が近いとも云われるそうだ。

時に大きな生きもののような雲もあり。

私たちの想像力を試してくれる。

f:id:kappou_oosaki:20201006222652j:plain

気づけば、同じような場所で撮っているようだ。

私の大好きな映画「SMOKE」を思い出す。

ブルックリンの街角で雑貨店を営むオーギー・レンは、毎朝同じ時間に店の前の街角の風景を撮り続けていた。

あるときオーギーは、常連客のベンジャミンにその撮り続けた秘蔵のアルバムを見せる。

ベンジャミンはある写真を見て、嗚咽を漏らす。

数年前に、不幸な事件で亡くした彼の妻の、在りし日が映っていたからだ。

とても印象的な、あのワンシーン。

大好きな映画だ。

この目に映る、秋の空の雲。

いつか誰かの見上げた雲なのだろうか。

いつかの映画の定点観測のように。

わたしは、ここにいる。
あなたも、そこにいる。

定点観測も、悪くない。

f:id:kappou_oosaki:20201006222938j:plain