大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

楓蔦黄、なんと美しき日本語かな。

朝晩の空気のぴんとした冷たさに、冬の訪いを覚える。

 

もう朝晩の車の中は、暖房をつけないと冷え込む日が増えてきた。

 

霜降も末候、「楓蔦黄、もみじつたきばむ」の候。

 

f:id:kappou_oosaki:20201104221908j:plain

 

楓蔦黄、もみじつたきばむ。

 

その名の通り、もみじやつたの葉が色づくころ。

 

なんとも美しい日本語だと思う。

 

空を見上げ、雲に想い、雨を愛で、雷に慄き、木に触れ、鳥に習い、虫を聴き、草花に心寄せる。

 

季節を愛でる、その行為に二十四個、あるいは七十二個の美しき名がつけられていることを想う。

 

f:id:kappou_oosaki:20201104221858j:plain

 

1年365日も、72で割ればわずかに5日ほど。

 

その美しい名がつけられた時候も、わずかに5回眠りに就くだけで、過ぎ去ってしまう。

 

季節のめぐりの、なんと早くて、そしてはかないことよ。

 

されど、そのようにして流れてゆくからこそ。

 

動いているからこそ、生きているともいえる。

 

永遠と、瞬間は、離れているようでいて、ほど近く。

 

寂しさと、つながりが、双極のように見えて一卵性であるように。

 

かなしさと、いとしさが、おなじスペクトルの上にあるように。

 

蓮の花が、汚泥の中に咲くように。

 

f:id:kappou_oosaki:20201104221838j:plain

 

だから、今日も色づく木々に心寄せ、澄んだ空を見上げる。

 

その遥か彼方を、見つめながら。

 

f:id:kappou_oosaki:20201104221848j:plain

朝の空も、夕方の空の色によく似て。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________