大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

夢、娘との小話。

「おとうさんは、なにになりたかったの」

 

「何に、かぁ。小学生のころは、プロ野球選手かな」

 

「やきゅうせんしゅ?」

 

「あぁ。ナゴヤ球場で、バッターから三振を取ってみたかったよ」

 

「やきゅうせんしゅには、ならなかったの?」

 

「あぁ、お父さんは、運動神経があまりよくなかったからな。下手っぴだったから、無理だったな」

 

「ふーん」

 

「いまの小学生は、みんな何になりたいって言ってる?Youtuberとかか?」

 

「うーん、いろいろ」

 

「いろいろって、なんだよ。おとうの頃は、プロ野球選手か、ケーキ屋さんが人気だったかなぁ。なつかしい」

 

「やきゅうせんしゅの、ほかには?」

 

「他には、かぁ…何だろう。あぁ、そういえば、おとうが中学生の頃に、『料理の鉄人』ってテレビがやっててね。それで料理人に憧れたなぁ」

 

「りょうりにん?」

 

「うん、コックさん」

 

「ふーん」

 

「道場六三郎さんっていう、和食のすごい人がいてね。かっこよくて、あこがれたなぁ…やっぱり、かっこいいのにあこがれるのかな」

 

「コックさんには、ならなかったの?」

 

「そうだね、ならなかったね」

 

「ふーん」

 

 

「おとうさん」

 

「どうした?寝れないの?」

 

「ねえ、夢って、かなわないひとのほうがおおい?」

 

「どうして?」

 

「うーん…」

 

「ああ、さっきのプロ野球選手とか、コックさんの話しか」

 

「…」

 

「そんなこと、ないよ。夢を叶える人も、いっぱいいる」

 

「そうなの」

 

「あぁ、そうだよ」

 

「ふーん。おとうさんは?」

 

「あぁ、プロ野球選手とか、コックさんは叶わなかったかもしれないけれど、いまこうして話してることは、夢みたいなものだよ」

 

「ふーん」

 

「どうしてもその夢にこだわる人もいれば、気付いたら叶ってる人もいる。人それぞれ、いろんな叶え方があるんだと思うよ」

 

「そうなの?」

 

「あぁ、きっと、そうだよ。それに、叶う・叶わないっていうカタチにこだわると、しんどいかもね。幸せは、形じゃないから」

 

「おとうさん」

 

「うん?」

 

「おやすみ」

 

「あぁ、おやすみ」

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________