大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

力勝負と快気祝い。 ~2020年チャンピオンズカップ 回顧

4コーナーを3番手で回る、前年の覇者。

 

単勝1倍台、圧倒的な1番人気に支持された、国内無敗の王者・クリソベリルと川田将雅騎手。

2020年のチャンピオンズカップは、そのクリソベリルに対し、前年の同レースで2~4着のゴールドドリーム、インティ、チュウワウィザードといった実績馬、そして砂に活路を見出しつつあったタイムフライヤー、エアスピネルが挑むという構図。

 

そして3歳世代から唯一の出走となった、カフェファラオ。

大物の呼び声高いこの3歳だけは、クリソベリルと未対戦であり、前年同様に3歳での戴冠を期待され2番人気に推されていた。

鞍上は、GⅠ・5連勝という大記録に挑む、クリストフ・ルメール騎手。

 

しかし、直線に向いても、クリソベリルは案外に伸びない。

 

先行するエアアルマス、インティとの差は縮まらず、逆に外から戸崎圭太騎手のチュウワウィザードが伸びる。

さらにその外から和田竜二騎手とゴールドドリームも襲い掛かる。

 

叩き合いにはならず、チュウワウィザードが抜け出し、1着。

2馬身半差の2着に追い込んだゴールドドリーム、粘った武豊騎手のインティは3着を確保。

クリソベリルは、そこから1馬身遅れた4着と、国内で初めての敗戦を喫した。

 

結果的には、昨年の1~4着馬が力を見せて、順位を入れ替えた形の決着となった。

また、4番人気のチュウワウィザードが勝ったことで、この秋のGⅠ戦線において秋華賞から継続していた1番人気の連勝はストップした。

 

先週のジャパンカップを終えて、一つ潮目が変わったのかもしれない。

 

 

チュウワウィザードは前年4着から、雪辱を果たしての戴冠。

帝王賞JBCクラシックルメール騎手が騎乗して連続3着と、惜しい競馬が続いていたが、見事に交流競走を含めてGⅠ3勝目を飾った。

 

1コーナーでクリソベリルを前に置く形のポジションを確保し、4コーナーでスムーズに外を回す戸崎騎手の騎乗は、人気を集めたクリソベリルに対して、正攻法で力勝負を挑んだ形。

デビュー以来、安定して力を発揮するチュウワウィザードの力を信じていた、ということだろう。

 

これで、戸崎騎手はエポカドーロで制した2年前の皐月賞以来のGⅠ勝利。

前年秋のJBCレディスクラシックでの落馬負傷により、半年近くの長期休養となっていたが、その快気祝いとも言える勝利となった。

円熟味を増すその手綱に、ますます磨きがかかるようだ。

 

2着にゴールドドリーム

7歳ながら衰えぬ末脚を、テン乗り和田竜二騎手が引き出した。

アタマまで突き抜けることは難しかったかもしれないが、自分の形が整えば、まだまだ一線級でやれる力を示した。

 

来年は8歳、夢の続きはまだ見られそうだ。

 

3着にインティ。

 

好発からエアアルマスを前に置いて、終始つついて楽をさせず厳しいペースをつくり、早めに仕掛ける。

武豊騎手の老練ともいえる騎乗は見事。

 

フェブラリーステークス14着、南部杯9着と、いいところがなく敗れていたが、この大一番での巻き返しには驚かされた。

老兵は死なず、巻き返すのみ。

 

クリソベリルは4着と敗れた。

前日追いとプラス12キロの体重増は、結果から見れば、出来が整っていなかったとも見えるし、そう見ると4着で何とかまとめたのは、やはり力がある証とも見える。

 

前目につけたのも、出来を考えて案外に無理をしていたのかもしれない。

レース後の川田騎手の苦しいコメントに、それが表れていた。

 

まだ4歳。

力があることは疑いようがないので、一度屈伸してから、再度の飛躍を期待したい。

 

 

絶対的な人気馬に対して、奇襲や賭けに出ることなく、正攻法での力勝負を挑んだ戸崎騎手とチュウワウィザード。

 

彼らに、勝負の女神は微笑んだ。

 

戸崎騎手の快気祝いともいえる、2020年のチャンピオンズカップだった。 

 

f:id:kappou_oosaki:20201205203003j:plain

 

↓2016年のチャンピオンズカップの想い出に寄せて、寄稿させていただいた記事はこちら。

uma-furi.com

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________