大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

冬至、陰極まりて。

寒さも厳しさを増してきたが、暦の上では「ふゆ、いたる」。

冬至である。

 

一年の中で最も昼の時間が短く、夜が長い時候。

気温はこれから寒さが本番になるが、日の出ている時間はいまが最も短く、これから少しずつ延びていく。

 

陰極まりて、陽となす。

片方の極に振れれば、もう片方に揺り返す。

 

季節のめぐりは、いつも大切なことを教えてくれる。

 

どんな極に振れても、それは移ろいゆく。

それが陰であろうと、陽であろうとも。

 

目に映るものは、すべて移ろいでゆく。

移ろいゆき、変わりゆくことのみが、ただ一つ、変わらないことかもしれない。

 

七十二侯では、「乃東生、なつかれくさしょうず」。

なつかれくさ、すなわち靭草(うつぼぐさ)はこの時期に芽を出し、根を張る。

 

他の植物が枯れ絶えるこの時期に、彼らは命を輝かせる。

反対に、生命隆々たる夏には、靭草は枯れゆく。

 

どんなときでも、どんなところでも。

 

見上げれば、陽が昇り。

足元には、咲く花がある。

 

冬至

陰極まりて、陽となす。

 

季節のめぐりは、いつも大切なことを教えてくれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20201221163143j:plain

冬至の朝日。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________