大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

おはよう、2021年。

新年あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

何かと騒がしかった2020年も過ぎ去り、新しい年がやってきました。

 

元旦というのは不思議なもので、何をするにしても気持ちを新たに、丁寧にしようと感じるものです。

 

前職で小売りをしていたとき、年末はどのお客様も「年内に」という謎の焦燥感に駆られて、どこか殺伐としていました。

空気がどこかピリピリとして、些細なことが苦情になる。

 

ところが、年が明けるどこか解放感にあふれた顔になって、新年を祝うムードでぼんやりとした雰囲気になっていました。

晦日から初売りの1月2日まで、たった1日しか違わないのに、街の空気が明らかに変わる。

どのお客様も、どこか心の余裕があるのか、のんびりとした雰囲気がある。

 

それはとても不思議なものでした。

人の持つ集合無意識とでもいうようなものが、あるのでしょうか。

 

2020年から、2021年に変わった今日も、そんなことを感じます。

 

 

さて、2021年の私は、昨年に続いて「おかげさまで歩くと吉」の年だそうで、あせらずゆっくりと、頭を下げながら、歩いていきたいと思っております。

 

これを読まれている皆様方におかれましても、より自分らしく輝く年になりますよう、お祈り申し上げます。

 

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。 

 

f:id:kappou_oosaki:20210101111723j:plain

2021年、走り初めの風景。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________