大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

遅めの初詣の参道は、暖かな雨に濡れて。 ~愛知県名古屋市「熱田神宮」 参拝記

冷たい雨もあれば、暖かな雨もある。

今日の雨は、後者だった。

前日までの冷え込みからすると、雪になってもおかしくないような気がしたが、朝の空気は、どこか暖かかった。

f:id:kappou_oosaki:20210112142328j:plain

そんな雨に誘われたわけでもないが、熱田神宮にやってきた。

もう新年、迎春という空気でもないが、一応はまだ「松の内」だ。

「松の内」も、1月15日までにする地域もあれば、1月7日までにする地域もあり、いろいろだけれども。

一応、初詣と呼んでも、差し支えないということにしておこう。

f:id:kappou_oosaki:20210112142338j:plain

「初えびす」の行われる上知我麻神社の境内。

「だいこくさま」の大国主社、「えびすさま」を祀る事代主社に手を合わせる。

曇天の下、静かな境内。

f:id:kappou_oosaki:20210112142429j:plain

参道は、暖かな雨で濡れていた。

その湿気は、どこか暖かな空気だった。

f:id:kappou_oosaki:20210112142554j:plain

まだ初詣仕様の本宮に手を合わせる。

初詣だから、ということもなく。

ただ、いつものように、手を合わせた。

「こころの小径」にも参拝することができた。

f:id:kappou_oosaki:20210112142439j:plain

その暖かな雨に濡れる、南天の実。

その赤さを眺めていると、もう少しずつ暖かくなっていくような錯覚を覚える。

これから大寒に向かうのに、不思議なものだ。

f:id:kappou_oosaki:20210112142449j:plain

帰路、参道の脇にいらっしゃった。

行きは、そのお声だけが聞こえていたので、お会いできてうれしく。

今年もまた、よろしくお願いします。

やはり、初詣の挨拶をしてしまうものだと思いながら、鳥居をくぐった。