大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

車の不具合に、10年という時間を想う冬の日。

「10年ひと昔」と言うけれど。

やはり人も時代も、あらゆることが一回り変わるのが、10年という時間なのだろう。

 

いまは、情報の伝達、浸透の速さから、もっと短くなっているのだろうか。

 

= 

 

いま乗っている車が、買ってから10年が経った。

 

18歳で免許を取得してから、ずっとペーパードライバーで通してきたが、仕事上どうしても必要になり、30歳で買った車だ。

 

5年落ち、4万キロで買ってから、10年。

走行距離は、12万キロを優に超えた。

 

自動車学校に、ペーパードライバー講習を受けに通ったのが懐かしい。

 

その愛車が、定期点検で不具合が見つかってしまった。 

いますぐに乗れなくなるわけではないが、乗っていると悪化していく一方とのこと。

 

しかも、修理するのならオーバーホールになり費用がかなりかかる上、確実に直る保証はない、と。

それなら、買い替えを勧めますよ、と。

 

困ったものだと思いつつも、そこまで長いこと乗っていたのだなと思うと、感慨深い。

なにしろ、10年ひと昔の10年だ。

 

 

車の性能や外観といったものに、まったく興味がない私ではあるが、それでもこれだけ長いこと一緒にいると、愛着が湧くものだ。

なにしろ、通勤でも使っているので、ほとんど毎日一緒にいる。

 

思えば、この車でいろんな場所に行ったものだ。

 

学生時代の想い出を探しに松本の温泉まで行ったり、

故郷の墓参に行ったり、

ブルーベリーを積みに行ったり

お伊勢や熊野に参拝に行ったり、

いろんな場所を訪れた。

 

いつも、この車が一緒だった。

 

ワクワクこころ躍る旅も、

一人感情が揺れて慟哭しながら運転したときも、

いつもの変わらない通勤路のときも、

 

いつも、この車が一緒だった。

 

それを思うと、どうも買い替えるのはしのびない感じがするのだ。

 

理で考えれば、買い替えるべきなのだろうけれど。

オーバーホールをしたところで、もう「その時」は近いとは言われたけれど。

 

それでも、愛着が湧いてしまったものは、こころは、なかなか納得しないものだ。

 

 

decade、10年。

 

そういえば、中学生か高校生の思春期のころに読んだ、CHAGE&ASKAを追ったノンフィクション本のタイトルが、「10年の複雑」だった。

 

彼らのデビューから10年間を追った、ノンフィクションの書籍だった。

彼らとそれを取り巻く人々の変化と、そして変わらないもの。

 

CHAGE&ASKAが好きだったことと、そんな内容が好きで、よく読んでいたように覚えている。

 

10年とは、やはり何かが一回りして変わる時なのだろう。

 

さて、我が相棒は、どうしようか。

 

すぐに決めなくてはいけないわけでは、ないけれど。

 

一緒に行った場所や、その日々を思い出しつつ。

少し、ゆっくり考えてみようと思う、冬の日だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20210117204333j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________