大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

時間を、居場所にする。

気付けば睦月も終わり、1年ぶりに如月が訪れる。

 

どこか、吹く北風には寒さの芯のようなものがなく。

 

明日は、もう節分。

その翌日には、春立てる日、立春である。

 

時は、いつも滔々と流れていく。

 

 

流れていく時間を、居場所にできたら。

 

こころが痛んで辛いとき、そんなことを思った。

 

それが痛いことを、感じることすらできず。

ただただ、何もできず、ベッドから起き上がることもできず、暮れていく陽の光の色を眺めていたとき。

 

流れていく時間は、何もできない自分を責めてくるようだった。

 

そんなことはなく、ただただ、時は流れ行くだけなのだけれど。

 

時は、過ぎ行くのみ。待ってはくれない。

そして、気付いたときにはもう過ぎ去っているもの。

こうしている間にも失われていき、二度と取り戻せないもの。

 

そう考えてしまうと、時は鈍い色をした刃のようになる。

その切り口は、圧し潰したように、痛い。

 

無機質な灯篭に照らされて、機械仕掛けの歩道が進んでいく。

かたかたと音を立てながら、ゆっくりとした等速度で。

 

どこか、時間に対してそんなイメージを抱いてしまう。

 

そして、それは進歩主義的な印象と相まって、進まなければならないという強迫観念を生む。

 

前に進まなければ。

歩まなければ。

昨日よりも、今日よりも、明日よりも。

 

進まなければ、歩かなければ。

遅れてしまう。

 

時の流れに。

 

 

けれど、ほんとうのところ。

時間は、直線ではないのかもしれない。

 

季節が円環を描くように。

 

いつか見た空の色が、またどこかで見られるように。

 

時は、弧を描いて、また戻る。

 

その中空に描かれた弧の内面が、居場所になる。

 

風はやわらかに、雨はやさしく。

雲はささやき、陽はそこにいる。

時は、流れていく。

 

 

そんな小さなものを、ただ眺め、愛でることだ。

 

歩くのも、進むのも、その後でいい。

 

f:id:kappou_oosaki:20210201190039j:plain

如月ついたちの、明け方。 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________