大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

春は、苦みと濁りと。

立春過ぎて。

日に日に、春の気配が感じられるようになってきた。

 

風はどこか温さを含み、朝は少しずつ早くなり。

陽は力強さを増し、夜の帳が降りるのが遅くなってきた。

 

不可逆な季節の流れは、いろんなことを教えてくれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210206142537j:plain

 

師走のころ、まだ薄暗かった風景も、同じ時間で既に太陽が力強く輝いている。

 

春の訪い。

 

小寒から大寒のころの、張り詰めたような空気はすでになく、どこか弛緩した風が肌に触れる。

 

それは、どこか透き通ったものから、濁りを見るようでもある。

 

 

春は、濁り。

 

春の訪れを告げる、山菜たち。

フキノトウ、タラの芽、コシアブラ、ノビル…いずれも、苦みやえぐみが特徴的だ。

 

その苦みが、冬の間に溜め込んだ毒気や、身体のこわばりを解いてくれると聞く。

 

喜ばしい春の訪れが、苦みや濁りとともに訪れるのは、おもしろいものだ。

 

春は、濁り。そして、苦み。

 

f:id:kappou_oosaki:20210206142527j:plain

 

路地のツツジも、少しずつ葉を開き、芽を伸ばしているようだ。

まだ遠いが、その花が満開になる小満のころを想う。

 

冬の朝の張り詰めた空気の風景もいいが、それは雪の結晶のような、無機質な絶対的な美しさなのかもしれない。

 

やはり、生があるところには、苦みや、濁りが必要なのだろう。

 

春の空には、霞がかかる。

 

その空の下で、厳しい冬を越えた花たちは咲く。

 

いのちは、温く濁った空気の下でこそ、咲く。

 

濁を、厭わず。

 

f:id:kappou_oosaki:20210206142516j:plain

この時期には目に付く赤に、黄色がこぼれて。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________