大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

雨の匂いと記憶について。

久しぶりに、朝からの雨だった。

いつもの時間に明るさはなく、季節が逆巻きになったようだ。

 

窓を開けると、雨の匂いが鼻腔をくすぐる。

 

嗅覚は、どこか記憶を呼び起こす。

嗅覚と記憶を司る期間は、近い場所にあるのだろうか。

 

におい、香りといったものは、言語から最も遠く、表現することが難しい。

「新緑の木々の香り」「シャネルの19番」「祖母の家の居間の匂い」…対象を指し示すことはできても、「それがどんな香りか」は、説明したり表現したりすることができないからだ。

比喩表現に留まらざると得ない、というべきか。

 

あるいは、他の表現をするのであれば、他の視覚、聴覚、あるいは味覚といった感覚に比べて、嗅覚は現在と過去を区別しないとも言える。

 

匂い、香りに身を浸していると、どこか時間の意識を忘れ、過去も未来も混然一体となった時間に包まれることもあるだろう。

 

アロマ、ハーブといったものが、時に人を癒す効果を持つのは、そんな嗅覚の持つ力からなのだろうか。

 

嗅覚、匂い、香りといったものは、不思議だ。

 

そして、雨にも匂いがある。

季節ごとの、匂いが。

 

 

「がっこうまでいくの、めんどいなー」という息子。

 

たしかにめんどいよな、と返す私には、小学生のころの記憶が浮かんでいた。

いや、その記憶の上に、今日のわたしがいたのか。

 

通学団で集団登校するとき、誰と、どんな言葉を交わしていたのだろう。

 

学区の中でも遠方の部類だった私の通学団は、学校に着くまで、結構な時間がかかったように思う。

 

私はよく、ちいさな石を、学校までの道のりを、ずっと蹴っていく遊びをしていた。

周りから遅れないようにしながら、ちいさなその石を、蹴っていくのだ。

 

手を使ってはいけない。

コースを外れたり、遅れたりしそうになったら、アウト。

信号のある交差点が、鬼門だった。

 

雨の日は、その遊びができなかった。

けれど、皆が傘を差して歩くので、必然的に静かな時間になった。

 

傘をぱらぱらと叩く雨の音が、心地よくて好きだった。

 

学校に着くと、雨の日の校庭には「赤旗」が立っていた。

グラウンド使用禁止、の合図だ。

 

足が遅く体育が苦手だった私にとって、赤旗は嬉しいものだった。

 

けれど、好きだった休み時間のドッジボールもできないので、痛し痒しではあったのだが。

 

フロントガラスを叩く雨の音が、また強まったことに気づいた。

 

どこか、雨はやさしく。

記憶とともに、私はいた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210215153700j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________