大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

墓前に捧ぐ。

息子は、遠いからついてこない、と言った。

もう墓参りというイベントも、退屈な年ごろになってしまったのだろう。

 

寂しさに敏い娘が、出がけについてくると言ったが、結局はやめておくことになった。

 

ここのところ、何度かついてきてくれていたので、久しぶりに一人での墓参になった。

 

一人暮らしをしていたころ。

よく、一人で墓参りに行っていたのを思い出す。

 

盆、暮れ正月が書き入れ時だった仕事の都合上、何でもない平日に、一人で行ってきた。

車も持っていなかったので、バスに揺られて。

 

あのころ、何を思っていたのだろう。

十年ひと昔というが、ひと昔どころか、ふた昔近くも前のこと、あまり思い出せない。

 

 

バスの一番後ろの座席で、故郷に至る道中の風景を、眺めていた。

 

今日は、また違った感慨があるのだろうか。

そう思ったが、頭に浮かぶのは締め切りの迫った原稿のことばかり。

 

f:id:kappou_oosaki:20210307124455j:plain

 

一時間ほど、着いた故郷の空は、まだら模様だった。

 

水汲み場で、年配の女性の方が水を汲んでいた。

手押し車に、綺麗な梅の花を挿していた。

 

お墓まで運びますよ、と声をかけた。

いいですよ、悪いからと言うのを、半ば強引に手桶を運ぶ。

 

女性が立ち止まった墓には、手押し車と同じような紅白の梅の花が咲いていた。

 

あら、まだこんなに綺麗なら、要らなかったわねぇ

 

そう独りごちる女性に挨拶をして、自分も手桶に水を汲みに行く。

昨日は春らしい陽気だったが、今日はうって変わって、冬に逆戻りしたように肌寒い。

けれど、そのおかげか、昨日は目のかゆみとくしゃみがひどかったのだが、今日はずいぶんと楽なようだ。

 

それにしても肌寒い。

薄手のジャンパーではなくて、コートを着てくればよかったと思いつつ、手桶を運ぶ。

 

境内には誰もおらず、鳥の声だけが響いていた。

冷たい水に顔をしかめながらも、墓を磨く。

 

墓石に刻まれた名前と日付に、時の流れを想う。

 

手元がすべり、火の点いた線香をばらばらと落としてしまった。

 

あわてて拾ったが、何本かの線香は火が消えてしまった。

 

不細工な形になってしまったが、母は笑って許してくれるだろう。

 

手を合わせて、目を閉じる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210307124446j:plain

 

手桶を返して見上げた空は、先ほどとずいぶんと模様が変わっていた。

 

雲は、あんなにも早く流れるのだな、などと思った。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________