大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

寂しさ、あるいは罪悪感で故人とつながろうとすること。

母を亡くしてから、ちょうど18年が経つ。

 

18年前のあの日、どんな空が広がっていたのか、もう思い出すこともできない。

 

ただ、その日、その事実を知った日から、寂しい、あるいは悲しいという感情を断ち、まるで母も父もいなかったかのように振る舞った。

それは、あまりのショックを受け止めきれないがための、心の防衛本能だった。

 

寂しさを感じることもなければ、つながりを感じることもない。

悲しみのない世界は、思ったよりも灰色で、そこに喜びはなかった。

 

わたしの世界に、父、あるいは母という一般名詞は存在したが、固有名としての彼らは、存在しなかった。

長いこと、その名を呼びかけることすら禁じていた気がする。

呼びかけて返事がなかったら、その不在が耐えられないから。

 

父と母とのつながりを切ることは、自分のアイデンティティを切ることと同じだった。

 

糸の切れた凧のように、わたしは寄る辺なく漂っていた。

 

 

人生で起こる問題は、往々にして見えているその事象ではなく、もっと本質的な自分の問題を問われる。

 

感情を切り、父と母とのつながりを切り。

それでどうにもいかなくなったとき、わたしは人に頼り、助けを求めながら、自分のこころの内と向き合うことを始めた。

 

深く、えぐられた傷を、ようやく癒しはじめたともいえる。

 

自分と向き合い、寂しさと悲しみ、痛みを感じるごとに、その分、世界は彩りを取り戻していった。

ずいぶんと、楽に呼吸ができるようになったと思う。

 

自分と向き合いだしてから、5年くらい経ったのだろうか。

 

命日に、ふと寂しさと罪悪感を、まだ握りしめている自分に気づく。

 

それがなくなってしまったら。

それがなくなってしまったら、母を、忘れてしまうような気がするから。

 

寂しさと、罪悪感で、故人とつながろうとしているのかもしれない。

 

愛するゆえに。

 

 

寂しさも、罪悪感も。

人が生きる上で、なくなることはないものだ。

 

おそらく、どれだけ癒しが進もうとも、わたしの負った傷が、完全に消えることはないように。

それは、人が不完全であることの証左でもあり、だからこそ、生は素晴らしいものなのだが。

 

 

いや、それもどこか違うような気がする。

 

真実は、おそらくこうだ。

 

傷など、実はなかったのだ。

誰しもが、他人を傷つけることなど、できはしない。

金剛石は、傷つかない。

 

人は、不完全なままで、完全であることと、それはどこか似ている。

 

f:id:kappou_oosaki:20210310223113j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________