大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

変な関西弁を話す神さまのこと。

その先輩は、変な関西弁を話した。

 

はじめて配属された部署の、一年先輩だった。

地下の冷蔵庫を案内してもらいながら、穏やかに話しかけてくれた。

 

関西の学校を出たと聞いたが、その関西弁は変だった。

漫才をする芸人や、あるいはわたしが知っていた関西人の話すイントネーションから、微妙にずれた、似非関西弁だった。

 

けれど、その関西弁は、どこか優しかった。

 

 

当時のわたしはといえば、Uターン就職のために戻ってきた。

けれど、卒業間際に悲しい出来事があり、いっしょに暮らす実家も、家族も失っていた。

 

知ったはずの土地は、見知らぬ土地になった。

帰るべき家はなく、寄る辺なくわたしは漂っていた。

なぜ、自分がここにいるのか、時折問いかけたくなった。

 

けれど、問いかける相手も、いなかった。

 

新しい環境に、重い話題。

人見知りも発動して、殊更にわたしは殻を閉じた。

 

家庭の事情、無愛想、無表情。

 

その関西弁の先輩からすると、さぞかしめんどくさい後輩だっただろう。

 

 

すぐに、その先輩は部門の中心的な存在だと知った。

 

太陽のような笑顔と、人懐っこさ、そして適度な緩さ。

社内外の多くの人に慕われていた。

 

当時、電話の内線帳に記載されていた評語、「すべては人から」を地で行くような人だった。

 

あの人のためなら。

 

そんなことを、よく聞いた。

 

めんどくさい後輩のわたしにも、分け隔てなく、陽の光を注いでくれた。

淡々と、話し掛けてくださった。

 

「お、ええやん」

いつも、そういって、笑っていたのを思い出す。

 

わたしは、どんな顔を返していたのだろう。

 

 

いつもいつも、その手を振り払うのは、受け取り下手のわたしだ。

 

たとえ、大切な人が、どれだけ受け取りを拒否したとしても。

次の瞬間には、何も変わらず、与え続けようとできるのに。

 

その構図は、いつも不均等だ。

 

人の善意か、隣人愛か、菩薩の光明か、あるいは無償の愛か、それとも神の恩寵か。

 

そんなものがあるのなら、なぜこんな目に遭わせた。

なぜ、独りにした。

なぜ、助けなかったのだ。

 

いつもいつも、わたしはそうやって怒っていた。

 

怒りは、烈火、あるいは稲妻のごとき姿だけを取るわけではない。

 

絶対零度の氷、あるいは極北の深海のごとき怒りもある。

 

何人たりとも、ここを動いてはならぬ。

ここで、このまま朽ち果てるのだ。

 

それだけ怒らなければ、隠し通せない、何か。

 

それは、何だったのだろう。

 

いまとなっては、よく、わからない。

 

 

ただ、もしも。

もしも、仮に。

 

神さまがいるとするなら。

 

あんなふうに、変な関西弁を話すのかもしれない。

 

そんなことを、思った。

 

いまも、あの変な関西弁を話しているのだろうか。

 

もし、また会えたなら。

伝えたいと思う。

 

ありがとうございました、と。