大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

桜花の下で。

世の中に絶えて桜のなかりせば

春の心はのどけからまし

 

古今和歌集」第82段 在原業平

 

桜の開花が気になるのは、千年の昔も、現代に生きるわたしたちも同じようで。

 

咲いたかどうか気をもみ、桜の木の下を通るたびに蕾を見上げ。

咲いたら咲いたで、散り際を想い、こころを寄せ。

 

春夏秋冬、それぞれの季節に同じように咲く、桜以外の花も、それは同じなのだろうけれど。

どうしてか、桜に対しては情緒的になる。

 

開花を知らせるSNSやニュースやらが、多く流れるからだろうか。

それとも、変化と再生の春という季節の象徴だからだろうか。

小さな花弁の色そのものが、そうさせているような気もする。


あの淡いピンクの、薄桃色。


f:id:kappou_oosaki:20210321063114j:plain

 

咲いていた。


よく晴れた、いつもの川沿いの道。


この淡い色には、青空の背景がよく似合う。


ふと、涙が流れた。


ずっと中指を立て、静かに怒り、反抗していようとも。

それは、いつも降り注ぐ。

変わらず、そこにある。


受け取ろうが、受け取るまいが。


ただ、そこに在った。


もう、見ないようにして素通りもできない。


見上げたまなこから、あふれた。


なぜ、そんなにも。


無数の花弁は、答えてはくれない。


ただ、風に揺れていた。


f:id:kappou_oosaki:20210321064952j:plain


もう一度見上げれば、幾筋かの飛行機雲。


今年も、桜が咲く。