大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

ストレッチ日記 ~自分に還る時間

サボりながらも、なんだかんだと続けているストレッチ。

 

以前と変わらず、1セット30分くらいのメニューを、Youtubeを参考に。

 

相変わらず、お手本のYoutuberの方のように、見事な開脚には至らない。

 

それでも、終わった後のなんともいえない達成感に惹かれ、今日も深呼吸をする。

 

身体的な効用は、やはり大きいのだろう。

終わった後は、やはり身体が温まり、節々が伸びているように感じる。

 

しかし、それ以上に、ストレッチはメンタルに与える影響が大きいように思う。

 

一日の中で、ほんのわずかでも、自分のためだけの時間を取ること。

その時間は、心の安定のために非常に有効だと感じる。

 

自分に、還る時間。

 

それは、ストレッチではなくてもいいのかもしれない。

ただ、文字情報や言葉は入れない方が、よりベターなように思う。

 

一杯のコーヒーを淹れる、味わう。

椅子に座って目を閉じる。

歌詞のない音楽を聴く。

スマートフォンを持たず散歩する。

空を見上げる。

 

四六時中浴びる外界からの刺激によって、気付かなかったことが、聞こえてくる。

 

それは、

あれしなきゃ、これしなきゃ、というような騒がしい声かもしれない。

まったくの無言かもしれない。

何がしかのいやなことを、思い出すのかもしれない。

 

そう感じる自分に、気付く。

 

それは、何かの目的だったり、あるいは何がしかの意味だったり、そうしたものから離れたときに、訪れる。

 

身体にいいから、とか。

普通は、とか。

いい親だったら、とか。

今日までだから、とか。

 

そうしたものを外したときに、訪れる。

 

それは、しょうもない声かもしれない。

あ、今日は左の腰が固くなってる、ということかもしれない。

このコーヒーは苦い、という当たり前のことかもしれない。

騒がしい思考のごった煮かもしれない。

 

何にも思い浮かばないかもしれない。

 

それで、いいのだ。

それが、いいのだ。

 

それに、気付くだけでいい。

 

それは自己の客観視とも言えるのかもしれないが、小難しいことはいいだろう。

 

自分に還る時間。

何人にも与えない時間。

世界に自分だけの時間。

誰にもならない時間。

裸足になる時間。

 

ストレッチは、そんな時間のようだ。