大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

願わくは、花の下にて。

いつの間にか、春も本番のようで。

 

外に出ると、さまざまな色の桜が咲いているのを見かける。

時に、春分が次侯、桜始開さくらはじめてひらく。

 

例年より早い開花と聞くと、散るのもまた早くなるのが惜しく感じる。

そう感じる花は、桜以外には少ないように思う。

 

次々に花開く、薄桃色の花弁。

一年に一度の奇跡。

 

願わくは 花の下にて 春死なむ

そのきさらぎの 望月のころ

 

かつて、平安の末世に生きた西行の歌を思い出す。

 

終わりを思い描くことから。

 

千歳の昔、桜の下で。

動乱の世の中、どんな終わりを思い浮かべたのだろう。

 

その終わりを辿るように、多くの歌を遺した西行。

 

その歌を想い、桜を想い、そして終わりを想う。

 

願わくは、花の下にて。

 

f:id:kappou_oosaki:20210325200328j:plain

見上げる桜もあれば、足元に咲く桜も。