大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

断酒日記【881日目】 ~弱さを認める、ということ。

さて、断酒して881日。

2年と5か月あまりが過ぎた。

 

取立てて書くほどの変化もなく、淡々と断酒生活を続けている。

 

それにしても、だ。

 

あの2年半ほど前、お酒を断つことを決めた時期。

よく飲みに行っていたし、自宅でもよく飲んでいたものだと思う。

 

根源的な寂しさを散らすために飲んでいた面は多分にあり、そうするとやはり度数の高いお酒で早く酔う、という飲み方もしていた。

もちろん、気の置けない人との楽しい酒席や、美味しい料理と合うお酒も好きではあったのだが。

 

それでも、酔うことで、感情を凍らせ、寂しさを忘れていたことは、事実なのだろう。

 

それが、どうだ。

百年に一度の感染症禍によって、飲み会や酒席の機会が殆どなくなるなど、誰が想像しようか。

 

いいか悪いかなどは別として、世の中、本当にわからないものだ。

 

もし、断酒をしていなかったら、どうしていたのだろう。

 

やはり、寂しさをお酒で散らしてたのだろうか。

それとも。

 

 

寂しさから飲んでいた私が、お酒を辞める。

 

それは確固たる決意でもなく、ふとこころに浮かんだ、「なんとなく」辞めてみようという想いに、従っただけだ。

 

立冬も近づき、めっきり寒くなったころ、霧のような小雨の降る橋の上で、そう思った。

息子と娘は、川に棲むカメに、ぽいぽいとエサをあげていた。

 

それはおそらく、私の寂しさに対する感じ方の変化と、無関係ではないように思う。

 

自分は強い人間で、寂しくなんかはない。

 

そう、思っているこころのうちには、抑えられない大容量の寂しさが横たわっていた。

それを見ないように、蓋をしてきただけだ。

その蓋が開きかけると、お酒による封印が必要になる。

 

もちろん、習慣的なものもあったのだろうが。

 

さびしいんだよ。

とても、さびしいんだよ。

だから、つながっていてよ。

話をしてよ。

いっしょにいてよ。

 

そう、誰かに伝える怖さを、アルコールで塗りつぶしていたのかもしれない。

 

 

断酒を続ける中で、断酒を続けている方のさまざまな体験談を、調べて読んだりしてきた。

 

その多くに共通するのは、揺るぎない断固たる決意で、断酒を成し遂げているわけではない、ということだった。

多くの方が、飲みたくなる弱い自分を自覚して、飲酒しないような環境に身を置くなど、工夫していた。

 

出発点は、「絶対にしない」という決意ではなかった。

「自分は弱く、そうしてしまう可能性が高い」という、弱さを認めるところだった。

 

人の意志は、弱い。

 

その弱さを認めることから、始めていた。

 

 

自分は弱い人間で、すぐ寂しさを感じます。

 

お酒と断ったころ、私はそんなことを認めつつあったのだろうか。

 

いまは?と聞かれれば、

 

大容量の寂しさを抱えています。

だから、いっしょにいてください。

 

そう、言えるだろうか。

 

何の衒いもなく、というのは難しいかもしれないが。

それでも、言えそうな気もする。

 

それにしても、不思議なものだ。

 

寂しさが嫌で、強くなりたいと願っていたような気もするのに。

その真逆で。

弱さを認め、寂しさと共にあるとき、それはつながりに変わる。

 

寂しさを認める。

弱さを認める。

誰かに、それを話す。

友人、たいせつな人、あるいは、カウンセラー。

 

ときにそうした弱さを認め、話し、放すとき。

人は、輝きを放ち始める。