大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

新緑の香りのする清明にて。

花冷え、と呼ぶにはもう、少し季節外れのような。

そんな、気温だった。

 

少し肌寒くはあるけれど。

上着を羽織るよりも、その寒気に触れていたい。

 

そんなふうに、感じた。

 

寒の戻り、花冷えではなく。

その肌寒さは、どこか季節を進めるような気がした。

 

春のぼんやりとした空気より、澄んだ新緑の空気を先取りするような。

 

新緑。

目に染みる青さが、そこかしこに見られた。

 

日ごとに太陽は力強さを取り戻し、その光量を増していく。

 

天地万物が清らかに輝く、清明。

その清らかに輝く木漏れ日の下、歩いた。

 

一歩、また一歩と。

 

見上げれば、太陽はまた少し昇っていた。

 

遠くから差し込む、その光。

 

その光を浴びると、ふと、かなしく。

無性に、泣きたくなった。

 

 

こんな美しい日の光の下なのに。

いや、こんな美しい日の光の下だからこそ、なのか。

 

胸いっぱいに、清浄な空気を吸い込んだ。

 

ゆっくりと、その息を吐いた。

 

もう一度。

そして、もう一度。

 

よろこびも、かなしみも、流れていく。

いつの間にか、現れて。

いつの間にか、流れていく。

 

また、少し太陽は中天に向かってその足を早めたようだった。

 

f:id:kappou_oosaki:20210408211948j:plain