大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

穀雨と、涙について。

時に穀雨。

麦や稲をはじめとするたくさんの穀物に、天からの恵みの雨が降りそそぎ、それはやがて大きな実りをもたらす。

 

七十二侯では、葭始生・あしはじめてしょうず。

古い神話の「葦原中元」や「葦原の中つ国」にもその名が見られる、「葦」が水辺に芽吹き始める。

 

今日はからっと晴れたが、そういえば先週末はよく降った。

その雨空が明けると、また一段と新緑の香りが深くなったように感じる。

台風などは顕著なのだが、それがが過ぎ去った後は、澄んだ空が広がる。

大きなエネルギーの流れが、滞った空気をかき混ぜ、吹き飛ばしてくれるからだろうか。

 

雨が降るごとに、季節の移ろいは進んでいく。

 

 =

 

仮に。

雨を、涙に置き換えてみても、同じなのかもしれない。

 

雨が降るごとに、季節の移ろいは進んでいく。

 

涙が流れるごとに、人生の航路もまた、進んでいく。

 

いつも岐路には、涙があるようだ。

 

 

涙は、不思議だ。

血液や汗に似た成分と聞くが、なぜそれは流れるのだろう。

嬉しくても、悲しくても、悔しくても。

こころが動くと流れる、涙。

 

涙は、不思議だ。

成分が血液に似ているとするなら、瞳から流れているのは、自分自身か。

それは、言えなかった言葉や、抑圧してしまった感情、あるいは伝えられなかった想いを、洗い流してくれる。

ときにやさしく、ときにゆっくり、ときにあたたかく。

ときに、激しく。

 

それが流れた後は、凪のように静かな場所に流れ着く。

あたたかで、やさしく。

それでいて、どこか懐かしい、あの場所。

 

それは、涙を流したあとにしか、訪れないような気がする。

 

 

いつから、その涙を流すことを恥ずかしいと思い込んでいくのだろう。

 

それは、雨が降るかのごとく、自然なことなのに。

穀雨が訪れなければ、夏が立つこともないだろうに。

あの涙が流れたから、いまここに運ばれている。

 

流れるものは、流れるままに。

ただ、そのままに。

あたたかなままに、揺れていよう。

 

 

ただ、流れる涙。

慟哭のような涙もあれば、気付けば流れている涙もある。

握りこぶしに落ちる涙も、堪えきれずにあふれる涙もある。

あるいは。

ただ、その人の目を見つめているだけでも、流れていく涙もある。

 

そこに、理由など、ないのかもしれない。

 

雨が降るのに、理由も何もないように。

海や河があたためられ、それが水蒸気となり、雲となり…というような原因はあったとしても、そこに理由などないように。

 

涙が流れるのに、理由も何もないのかもしれない。

何かが悲しくて、あるいは悔しくて、あるいは嬉しくて、あるいは暖かな愛を感じて…というような原因はあったとしても、そこに理由などないのかもしれない。

 

ただ、雨は降る。

ただ、涙が流れる。

 

そして、季節は流れる。

そして、人生は流れていく。

 

f:id:kappou_oosaki:20210420194519j:plain