大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

小さな黄色い花と、世界のありようについて。

気付けば卯月も終わりのようだ。

穀雨も末候の牡丹華(ぼたんはなさく)、牡丹が大きな花を咲かせるころ。

 

昨日まで少し長い雨が降っていたが、今朝は気持ちよく晴れた。

 

朝、ふと足元を見ると、黄色い花が咲いていた。

タンポポではない、小さく可憐な花。

二つ並んで、笑っていた。

 

春の初めのころ、よく見た黄色。

初夏の香りがするいまは、少し懐かしい気がした。

 

何気なくカメラに収めたつもりだったが、ピンボケになってしまった。

 

f:id:kappou_oosaki:20210430150641j:plain

 

また後にでも撮り直そうと思い、その場を離れた。

 

 

少し経って午後の時間に、またその場を訪れた。

その小さな黄色い花が咲いていた場所は、日陰になっていた。

 

そして驚くことに、小さな花はその花弁を閉じていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210430150632j:plain

 

どこか、くたっとして、しおれた花。

一瞬、それが朝見た花と同じものだとは、分からなかった。

けれど、場所からすると、間違いなく朝咲いていた花だった。

 

この短時間に、花が閉じたりすることもあることに、驚きを覚えた。

 

わずか半日程度しか咲かない花だったのだろうか。

それとも、また陽が当たれば、咲いてくるのだろうか。

 

残念ながら、それは分からない。

それでも、この短い時間に、世界が大きく姿を変えていることが驚きだった。

 

陽が咲いただけで、開く花もあれば。

少し陰っただけで、閉じる花弁もある。

 

人のありよう、世界のありようも、気付くと一瞬のうちに変わっている。

おまけに、お日さまが差すかどうかなど、コントロールできないではないか。

 

そう思うと、目の前の世界を、ただ愛でていく、それだけでいいのではないかとも思えてくる。

 

時に咲くこともあれば、時に閉じることもある。

 

ただ、そこにその花がいたことには、変わりがない。

ただ、そこにあなたがいたことには、変わりがない。