大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

定点観測と記憶について。 ~愛知県名古屋市「熱田神宮」訪問記

また熱田の杜を、訪れた。

前回訪れたのは、先月の穀雨のころだったか。

 

f:id:kappou_oosaki:20210511135338j:plain

 

駐車場に車を停めて降りると、緑の鮮やかさが目に飛び込んできた。

目に眩しいくらいの、新緑。

 

先月訪れたときは、そんな風には感じなかったのだが。

まるで、目に映るすべての葉が、入れ替わってしまったような錯覚に陥るかのようだ。

 

遠くで、境内に放し飼いになっている鶏が鳴く声が聞こえる。

吹く風が、心地よい。

 

立夏も次侯、蚯蚓出(みみずいずる)。

生命力が満ちあふれる、ほんとうに気持ちがいい季節になった。

 

f:id:kappou_oosaki:20210511135521j:plain

 

南門すぐの別宮、上知我麻神社。

えびすさまと、だいこくさまにいのりを。

 

冬にここで咲いていた椿の木は、青々とした葉で覆われていた。

そんなふうに、四季折々の記憶が重なることもまた、楽しいものだ。

 

それは、何度も足を運ぶからこそ受ける、恩恵なのかもしれない。

 

 

f:id:kappou_oosaki:20210511135347j:plain

 

定点観測。

ふと、そんな言葉が思い浮かぶ。

 

 

ともすると、すぐに誰かと比較してしまいがちだけれど。

ほんとうに必要なのは、きっと過去の自分との違いを見ることなのだろう。

 

 

f:id:kappou_oosaki:20210511135357j:plain

 

一月前は、なにをしていたか。

一年前は、なにをしていたか。

 

変わったところは、どこだろう。

成長したところは、どこだろう。

 

気付けば、深い緑に色に変わっていた、この木々のように。

どこか、変わっている部分はあるものだ。

 

 

f:id:kappou_oosaki:20210511135603j:plain

 

本宮も、また新緑に覆われているようで。

この熱田の杜の名のとおり、とてもこの季節がしっくりくるような気がした。

 

f:id:kappou_oosaki:20210511135530j:plain

 

翼を広げたような、初夏の木漏れ日。

その陽射しが心地よく、しばし参道でぼんやりとしていた。

 

今日この日の陽射しも、またいつか思い出すのだろう。

これまでの記憶と、同じように。