大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

重ね絵のような、過去と記憶について。

いくらなんでも、早すぎる梅雨入りのように感じる。

 

東海地方は、もうすでに梅雨入りしたそうだ。

平年よりも21日も早いらしく、1951年以降では観測史上2番目の早さだそうだ。

肌にまとわりつくような湿気と、灰色に覆われた空が、梅雨入りを実感させる。

 

それでも、雨が上がった後の風の感触は、5月のそれなのが不思議だった。

このまま、平年のように7月下旬あたりまで、ぐずついた天気が続くのだろうか。

それとも、平年よりも早めに梅雨明けするのだろうか。

 

梅雨の匂い。

それはどこか、昔の記憶を呼び起こすようだ。

時に湿気を含んだ教室の匂いであったり、時に傘を忘れて雨の中を走った記憶だったり。

それは、しゃぼん玉のようにパチンと割れて、そのときの記憶を呼び覚ます。

 

そのしゃぼん玉は、普段はどこに仕舞われているのだろう。

記憶とは、あるいは過去とは、どこにあるのだろう。

 

 

色、香り、味、風景。

さまざまなものを媒介して、私たちは記憶をどこかから引っ張り出してくる。

 

あのとき訪れた景色。

あのとき食べた料理の味。

あのときの鼻腔をくすぐった香り。

 

ふとしたときに蘇るそれらは、どこに仕舞われていたのだろう。

そして、それを思い出しているとき、それは思い出ではなく、いまここにある。

 

記憶は過ぎ去った時間のもの、というわけでもなさそうだ。

 

その時間、風景、香り…そうしたもの諸々が、いまここに一緒にあるようにも思える。

 

目に映る風景のなかに、しゃぼん玉に仕舞われた記憶が、一緒にある。

五感をきっかけにした何かの拍子に、そのしゃぼん玉は割れて、いまこの風景に重なる。

 

過去と記憶は、どこかの重ね絵のように。

いまとともにあるように思える。

 

もしそうだとするなら、何も失ってもいないし、どこへも行ってもいない。

このいま目の前に、すべてがともにある。

 

f:id:kappou_oosaki:20210519205717j:plain