大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

場所の記憶。

時に出会い、また時に別れ。

どこかで話し、またどこかで歩き。

 

昨日、今日、明日。

 

時に忘れ、また時に思い出す。

どこかで愛し、またどこかで離れ。

 

昨日、今日、明日。

 

あの色の空は、いつ見た空だったか。

遠く離れた地なのか、もう戻らない過去なのか、それとも。

 

空を覆う雲でさえ、愛おしく思えるときもあり。

戻らない季節に、胸が締め付けられたり。

かつて見ていた色は、微かな痛みをともなったりもする。

 

いまこの眼前の色は、いつ見た色だったか。

もう戻らない時間は、生まれる前の季節だったか、それとも。

 

昨日、今日、明日。

 

昨日、今日、明日。

 

 

あの日誰かに会った記憶を、私が覚えているように。

あの日私が訪れたことを、誰かが覚えているのだろうか。

 

たとえば、そこにそびえる杉の木であるとか。

たとえば、そこに咲く桃色の花であるとか。

たとえば、等しく降り注ぐ雨であるとか。

 

そんなものが、記憶を持っていたとしたら、どうだろう。

 

そうだとしたら。

杉や、桃色や、靴に染みた雨が。

時に、それを思い出す時があるのだろう。

 

それは、どんな色をした思い出なのだろうか。

 

 

いつか、道を歩いていた。

傘をさしていたのか、それとも被っていたのか。

 

抜けるような青空に、ヒヨドリが鳴いていたような気がする。

着ていた蓑を濡らす、冷たい雨が降っていたような気もする。

 

見果てぬ真っ直ぐな道、その先の地平線で蜃気楼が躍ったような気がする。

半里の先をも見通せぬ、森の中で木々の呼吸を聴いたような気もする。

 

たいせつなものを、乗せた馬を引いていたような気がする。

その身ひとつ以外、何もなかったような気もする。

 

どうしても着きたい、目的地があったような気がする。

その道の行く末には、何もなかったような気もする。

 

その手をはじめに引いたのは、母だったのだろうか。

 

ただ、歩みだけがあった。

振り返りもせず、やめることもせず。

ただ、歩みだけがあった。

 

昨日、今日、明日。

それは、続いていく。

 

 

木々のざわめき、傘を叩く雨粒の音、その中の無音。

蝶の羽ばたき、遠く海鳴り、その中の心音。

 

立ち枯れた木が、寄せては返す波にさらわれ、流されゆくように。

それもいつか、忘れるのだろうか。

 

それもまた、かなしい、さびしい。

 

そのかなしさとさびしさを、あの桃色は覚えていてくれるような気もする。

 

いつか、思い出すため。

いつか、忘れるために。

 

昨日、今日、明日。

今日もまた今日とて、今日が続いていく。

 

f:id:kappou_oosaki:20201105235234j:plain