大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

締切は、いまの自分を正確に映し出してくれる。

締切について、ここのところ考えている。

 

締切という名の、魔法の杖かつ地獄からの使者。 - 大嵜直人のブログ


↑こちらの記事で、締切が持つ力と、それに追われる悩みについて書いた。

 

締切がなければ、なかなか形にすることは難しい。

けれど、締切がもう少し伸びれば…とは、いつも考えてしまう。

 

こうして書いている毎日のブログもそうだし、依頼された原稿などもそうだ。

 

もう少し、時間があったらいいのに…

よく、そんな感情を抱く。

 

けれど、もう少し時間があったら、どうなるんだろう。

納期が延びたら、何ができるのだろう。何が変わるのだろう。

そんなことを、考えてみる。

 

もっと、いい原稿が書けたのだろうか?

もっと、人のこころに響く文章を書けたのだろうか?

自分の満足のいく出来の原稿を納品できたのだろうか?

 

非常に残念ながら、それらの答えはすべて「No」であるように思う。

 

 

結局のところ、いまこの目の前に映るものが、真実なのだろう。

その目の前の自分を外して、何か理想的な自分というものは、おそらくあり得ない。

それを受け入れることは、大変な勇気が要る。

 

自分の力は、こんなものじゃない。

もっと、できるはず。

もっと、やれるはず。

 

自分の内から湧き上がる、そうした声と向き合うのは、苦しいものだ。

その声はプライド、とも言えるかもしれない。

あるいは、今まで守ってきた、古い自己イメージと言えるのかもしれない。

 

それを相手に自問自答することは、苦しい。

 

ほんとうにそうか?

じゃあ、どれくらいあったら、もっといい原稿が書けるんだい?

1日か?無理そうか?

それなら、2日か?3日か?…1週間か?

 

その問いに明確に答えることは、さらに難しい。

その時間をもらって、いま以上のものが書けなかったら、目も当てられないからだ。

 

1週間でだめなら、1か月か?

…じゃあ、1年だったらどうなんだ?

それとも、5年、いや10年かい?

 

そこに答えはない。

 

結局のところ、時間の有る無しではないんだ。

ただ、いまが最善最適な締切だったと気づく。

 

ある締切があったとして、その締切までの時間、忙しさ、そのときの自分の状態、能力、それらも全部含めて、その締切なのだ。

「もし〇〇だったら」という仮定は、想像してもいいかもしれないが、決して実現することはない。

 

空想の中に、逃げないことだ。

 

いまのこの自分こそが、いま目の前にある原稿こそが、すべてだ。

それは卑下することでも、否定することでもない。

 

そこに映し出されたいまの自分は、それ以上もそれ以下でもない。

いまの自分が、それなのだ。

 

 

それは、締切だけの話だろうか。

 

いや、それは生きる上でのすべての諸々と、同じ構造をしているような気がする。

 

もっと容姿がよかったら。

こんな田舎じゃない場所で育っていたら。

もっと才能があったら。

違う親のもとに生まれていたら。

 

そういった想いを抱くことは、いたって自然なのだけれども。

そこで止まっていたら、いつまでも堂々巡りだ。

 

締切を、今日この日と言い換えてみよう。

今日の自分は、何も欠けているものなどないし、ただそれだけで完璧な存在だ。

それ以上も、それ以下もない。

ただ、それを受け容れるのみ。

そこに、もっと素晴らしい仮の自分など、存在しない。

 

けれど、また次の締切になったら、明日になったら、それはまた変わっていく。

もっと、素晴らしい存在になれるかもしれない。

 

締切が延びれば、素晴らしい原稿が書けるのではない。

未だ見ぬいつかが来れば、理想の自分になるのではない。

 

いまの目の前の原稿が、いまこの時の自分が、100点満点なのだろう。

その偉大さ、素晴らしさ、大きさを、才能を受け入れよう。

 

話しは、きっとそこからだ。