大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

ストレッチ日記 ~歳を重ねる恩恵とは。

さて、久しぶりのストレッチ日記である。

 

書き出しておいて何なのだが、ここのところバタバタしており、1週間ほどストレッチをサボっている。

ある程度、習慣づいたことをやらないのは、結構ストレスである。

歯磨きをしないで寝るようなもので、なんだかおさまりが悪い。

 

けれど、ストレッチをする時間と、寝る時間を天秤にかけて、寝る時間を確保する方をここのところは選んでいる。

寝ないとすぐに心身ともに不調になる私にとって、睡眠時間の確保というのは最重要命題だ。

ショートスリーパーがうらやましいが、それも自分の身体なのだから仕方がない。

 

とはいうものの、ここのところ殊更に寝不足が非常に堪えるようになった。

これも、年齢を重ねた影響だろうか。

 

分かってはいることだが、生きるということは、一日一日と老いていくことだ。

あまり考えないようにしたいものだが、今日の私は昨日の私よりも確実に老いている。

 

肉体的、あるいは体力的な衰えというのは、やはり年とともに出てくる。

睡眠不足のことばかりではないが、無理が効かなくなったし、いろんな場面でそれを感じることがある。

 

それは一見ネガティブに思えることだが、そうばかりとも言えないようにも思う。

 

 

無理が効かなくなるということは、自分の身体の発する声なき声に、耳を傾けざるを得なくなる、ということだ。

それは、自分と向き合う、ということなのだろう。

 

自分の身体の調子はどうなのか。

なぜ、そう感じるのか。

そう感じる、自分のこころの調子は、どうだろうか。

 

歳を重ねることは、否が応でも自分と向き合うようにしてくれる。

それは、大きな大きな恩恵だ。

 

自らの身体、あるいは心と向き合うことで、人の内面は磨かれ、成長していく。

それは、その人の纏う雰囲気となり、空気感となり、言葉となり、表情となっていく。

それは、その人をその人らしくしていく。

その人をその人のあるがままに、戻していく。

それは結果的に、その人本来の美しさとして表現されていく。

 

自分と向き合ってきた人には、その人しか出せない「面構え」がある。

それは、一つのアイデンティティであり、この世界に生きる理由の一つでもある。

 

もし、仮に歳を重ねても、何ら肉体的な衰えがなかったとしたら、その恩恵は受け取れるだろうか。

 

なかなか、難しいのではないかと思う。

 

 

そう考えていくと、人が成長していくことには、強さではなく弱さが一つの鍵になるというのは、面白いものだ。

弱くなるからこそ、人は痛みを知り、自分と向き合い、そして大きく成長していく。

 

それは、逆ではない。

人を成長させるのは、強さではなく、弱さだ。

 

私も当然そうだが、人は自分の弱さを嫌う。

何より、最も自分のたいせつな部分の弱さを嫌う。

 

そこを明け渡したら、自分が自分でなくなってしまうような。

ぜったいに、自分が弱いとは認められないような。

何人たりとも、立ち入れないような。

そんな繊細なこころの場所が、誰にでもあるのだろう。

 

仕事のこと。お金のこと。パートナーのこと。外見のこと。母親のこと。才能のこと…

その場所は、人にとってそれぞれなのだろう。

 

もしかしたら、その弱さにこそ、大きな恩恵が眠っているのかもしれない。

 

その弱さを、認めることができたなら。

その弱さを、正面から見つめることができたなら。

その弱さを、晒すことができたなら。

その弱さを、誰かに与えることができたなら。

 

きっと、あとは早いよ。

 

 

ということで、せっかく自分でこう書いておいたので、今日は少しでもストレッチをしてから寝ることにしようと思う。

 

ほんの10分でも、15分でも。

それは、自分の身体と、自分と向き合う時間をつくる、ということだから。

自分の身体と対話し、その弱さと向き合ってみよう。