大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

断酒日記【950日目】 ~積み上げは裏切らない。

さて、断酒して950日目である。

なんとなく区切りがいい数字なので、今日はそれに寄せて書いてみようと思う。

 

断酒を決めた、あの霧雨降る立冬を前にした日から、950日目も経っていると思うと、感慨深い。

2年7か月も続いていると考えると、かなり長い期間続いていることになる。

 

その数字というのは、積み上げた数字である。

そして、増えたり減ったりする数字ではなく、積み上げていける数字というのは、明確に自己受容を進めてくれるように思うのだ。

 

 

そうはいったところで、断酒に対して何かしているわけではない。

 

断酒し始めたころは、「今日も飲まないでおこう」と意識して行動していた。

けれど、それもいつしか飲まないのが当たり前になってしまえば、断酒しているという意識もない。

淡々と過ごしているだけで、断酒日数が積み重なっていく。

 

まあ、当たり前の話ではあるのだが、この「当たり前」を「当たり前」と思わないことがミソだ。

一日一日と、積みあがっていく数字に、すごいなぁ、よくやったなぁ、という情感を貼り付けてみるのだ。

自分で決めたことを守っていて、だんだんとその日数が増えて行って、すごいなぁ、と。

 

そうすると、数字が増えるごとに、なかなか自分もやるじゃないか、という感じがしてくる。

そうなればしめたもので、いいスパイラルに入っていく。

 

ここで大切なのは、「当たり前」を「当たり前」と思わないことだ。

自分で決めたんだからとか、誰でもできるとか、大したことじゃないとか。

心の中からそんな声が聞こえてきても、一切聞いてはいけない。

 

誰がどう言おうと、よくやってると自分が決めれば、それでいい。

そして、日々増えていく、積みあがっていく数字を見て、よしよし、と思えばいい。

 

 

時に、人は積み上げではなく、流れていくものに心を奪われる。

主には他人からの評価などであり、時間の流れとともに変わってしまうものだ。

 

それを気にするのもいいのだが、一つの軸として、積み上げていく数字を持っておくと、こころのバランスを取る上では、非常に有意義だ。

なにせ、減ることがないというのは、いいものだ。

 

こんなこと、と自分で思ってしまうことでいい。

むしろ、そう思ってしまうことの方が、他人から見て「よくやっている」と思えることであることが多い。

 

頑張って会社に行った日数。

家族のためにご飯を作った回数。

営業した日数。

習い事に行った回数。

お客様に接客した回数。

ブログを書いた本数。

読んだ本の数。

 

どんな小さなことでもいい。

ただ、積み上げていく数字は、それを追うだけで、自分を受容することを進めてくれる。

 

1だったのが10、20だったのが50…というように、積みあがっていく数字は、それだけで進んでいると感じさせてくれる。

 

積み上げは、裏切らない。

自己受容を、進めてくれる。