大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

断酒日記 【967日目】 ~寂しさとライフワークをつなぐ、接着剤。

さて、断酒して967日目である。

2年と8か月弱。長いようで、それでいて短いようで。

 

断酒を始めたのは、2018年の秋だった。何度かここでも書いたような記憶があるが、立冬の近づいた11月初旬、小雨の降る近所の橋の上で、それを決めた。

 

断酒を初めて、少し経ったころ。夜が、長いことに気づいた。

それまで、お酒を飲んでいた時は感じなかったことだった。お酒を飲んでいた時間が、ぽっかりと空いたのだから、当然と言えば当然だ。

お酒を飲みながら、音楽を聴いたり、動画を見たり、本を読んだりといったことをしていたような気がするが、なぜかお酒がなくなってみると、そうしたことだけをしようとは思わなくなった。不思議なものだ。

 

ぽっかりと空いた夜の時間は、どこか空虚で、私のコアな感情の一つである寂しさを刺激したりもした。それまで、お酒で散らしたり、凍らせていた寂しさが、妙に生々しい形で、そこにデンと居座っていたわけだ。

けれど、それも日が経つごとに慣れていったような気がする。

 

おやおや、そんなところにずっといたのですね。

…そうですか、ずっといたのですか、失礼しました。

…いえいえ、こちらも慣れないものですが、ひとつ、よろしくお願いいたします。

 

寂しいときは、誰かとコミュニケーションを取るのもいいが、寝るのも一つの解決方法だった。寝てしまえば、朝がくる。朝がくれば、割と多くの感情がリセットされる。眠りというのは、偉大なのだ。

そして日付が変われば、否が応でもやること、やらなきゃいけないことも、出てくる。それがいいか悪いかは別として、何かをしているときに、寂しさを感じることは難しい。

 

納期に追われて仕事をしているとき、ランニングをしているとき、あわてて夕飯をつくっているとき、寂しさを感じることは難しい。空白、空虚、手持ち無沙汰、そんなときに、寂しさはそっと顔を出す。

もちろん、他のすべての感情と同様に、それを感じること自体は、悪いことでも何でもないのだが。それでも、寂しさという感情は、そうした性質があるのだろう。

 

それはともかくとして、とりあえず断酒を始めた当初は、夜の長さに驚いたものだった。そして、その静かな時間は、寂しさと向き合う恩恵を与えてくれたように思う。

 

それが、いまはどうだろう。

ばたばたと、何やらかんやらに、手を動かしている。

文章を書くことや、カウンセラーとしての勉強のことや準備のこと、何やらかんやら。

お酒に費やしていた時間がなくなって、ぽっかりと空いたから、それを始めたのか。

いや、もう少し正確に表現するなら、お酒に寂しさの面倒を見てもらっていたが、ようやくそれが必要なくなったから、卒業したのか。

それとも、反対から見れば、いろんな何やらかんやらをしたかったから、お酒を無意識的に辞めたのか。

 

おそらくは、そのどちらも正しいのだろう。

原因と結果なんて、見方を変えれば同じコインの裏返しだ。

そう考えると、お酒は私の寂しさというコアな感情、そしてライフワークと、非常に密接に結びついていたともいえる。

 

慢性的な問題を引き起こすほどのコアな感情は、その人にとってのライフワークと結びつく可能性が高い。ずっと抱えてきた問題とは、それだけ闇が深いのだが、それだけに逆から見ればあまりにも自然に、そして息を吐くように誰かに与えられるものだからだ。

 

もし仮に、私の寂しさとライフワークがコインの裏表だとしたら、お酒はそれを接着剤のような役割を果たしていたのではないか。

そんなことを、想うのだ。

 

もし、そうだとしたら。

お酒には、感謝しかないなと思う。

 

もしかしたら、この先、私のなかの寂しさとライフワークの関係性が変わっていったら。

そのときは、またお酒との関係も変わるのだろうか。

ひょっとしたら、断酒をやめて、おいしいお酒を飲んでいるときが来るのかもしれないし、来ないのかもしれない。

 

それは、ただ流されるように、お任せしよう。

断酒を決めたときのように、自然に何かが訪れるはずだから。