大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

自分なりの「疲れの取り方マニュアル」を持っておく。

昨晩は、根本裕幸師匠のカウンセラー養成講座(お弟子さん制度)の受講生の仲間と、zoomでの交流会でした。

 

その中で興味深かった話題が、「どうやって疲れを取るか」というテーマ。

疲れをどうやって抜くかは、好きなことをするためにも大きなテーマのようです。少なくとも、肉体の制限から逃れられない以上、ずっと付き合っていくテーマのように感じます。

 

アスリートが、本番や練習の時間と同じくらいにリカバリーを重要視しているように、あるいは陰陽は同じバランスになるように。何かを全力ですることと同じくらいに、休むことが重要なように思います。

 

私はどうだろうと回答したのですが、やはり「寝る」ことが真っ先に出てきました。

結構、私は睡眠信者で、「睡眠はすべてを解決する」と思っています。まあ、私自身が寝ないとダメな性質なこともありますが…

ショートスリーパーと呼ばれるように、少ない睡眠でもパフォーマンスが落ちない方が世の中にはいらっしゃるそうで、たまに身近な方でもそんな話を聞きます。

昔は、24時間のうち覚醒している時間が長いってうらやましい!と思っていたのですが、最近は自分に合った睡眠を取れればいい、無理して身体を壊すのは元も子もない、と思っています。いい意味での、あきらめとでも言いましょうか。

 

私の場合、疲れを感じたときは、できれば夕飯を軽めにして22時前くらいに布団に入る。そして、翌日の日中に15分程度の昼寝を取るようにする。できればそれを2,3日続ける。これで、ずいぶんと抜けます。

 

疲れている忙しいときに、それができるか、ということが問題なのですが…

逆を言えば、それができないから、疲れていくとも考えられます。

 

そんなときは、上に書いた「あきらめる」ことが大事なように感じます。

「これをやらないといけない」と考えてしまうのは、「自分にはそれができる」と思っているから。それは、悪い意味での「期待」を自分にかけているのかもしれません。

とかく、ハードワーク好きな方は、120%でやろうとしてしまいがち。ええ、私のことです。

けれど、それを80%くらいに「あきらめて」みる。

あきらめて、早々に寝てしまう。

 

いつも必ずそうする必要はないけれど、そういった選択肢を持つ、というのは大切なことのように感じます。

そして、一晩寝てスッキリして翌朝起きると、ずいんぶんと周りの状況が変わって見えることも多いです。結果的に、あきらめた方がパフォーマンスが上がる、といいますか。

 

睡眠は、すべてを解決する。

断酒をしてから、私が得た大きな学びです。

 

 

さて、昨夜参加されていたメンバーから出ていた「疲れの取り方」は、こんな方法が出ていました。

 

・登山をする

・ふらり旅に出て、非日常を味わう

・できるだけ身体を動かす(リングフィットとかもいいらしい)

・スマホやパソコンをシャットダウンし、距離を置く

・推しの映像などを見る(推しはすべてを解決する!)

・神社に参拝する(長い参道がおすすめ)

・なにもせず、ゴロゴロする(最高!)

・美味しいものを食べる

・焚火をして火を眺める

・鍼灸、オステオパシーといった治療を受ける

・温泉に浸かる(残念ながら、名古屋は温泉不毛地帯だそうですが…泣)

…などなど、なるほどなーと思わせるものがたくさん出ていました。

 

カウンセラーも含めて、接客業は、やはり疲れを溜めやすいものだそうです。

どうやってそれを抜くか、ということを研究していく必要がありそうです。

 

まずは、いろんな方法を試してみて、自分に合った方法を探して、自分なりの「疲れの取り方マニュアル」を持っておくことが大事だと感じました。

 

これをお読みのみなさまは、どんな疲れの取り方をされておられますでしょうか。

もしご参考になりましたら、幸いです。

 

 

このすばらしいテーマを提供していただいたのは、野内みちるカウンセラーでした。

野内さん、ありがとうございました!

 

↓その野内カウンセラーがカウンセリング無料モニターを募集しています!

nouchimichiru.com

 

f:id:kappou_oosaki:20210703083156j:plain

熱田神宮の参道。たしかに疲れが取れる。