大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

過ぎ行く梅雨を、惜しむ。

朝は、梅雨明けしたかのような晴れ間が、見えていました。

 

けれど、みるみるうちに雲が厚くなり、また叩きつけるような雨が降り注いできました。少しするとまた止んで、昼前には晴れ間が見えてきました。しかし、昼過ぎからまた雲が広がり、激しい雨が滂沱たる音を立てていました。

 

どうにも不安定なその空模様は、梅雨の終わりを惜しむかのようでした。

 

梅雨の終わりには、強い雨が降る。

そんなことが、思い出されます。

 

降りしきったあと、濡れた地面を眺めながら、この水はどこから来たのだろうと考えていました。

 

降りしきった雨は、やがて地に浸み込み。

それはどこかで浸みだし、流れをつくり。

その流れは揺蕩い、別れ、合わさり。

いつしか大きな流れになり、大海へと。

そこで温められた海水は、また雲へと形を変えて。

 

循環し、円環を描く、水。

 

水は、すべてを知っている。

水だけが、すべてを知っている。

 

そうだとしたら、この雨に濡れることも、なにかに触れることなのかもしれません。

 

遠く離れたどこかの、水だったり。

追憶の彼方からの、水であったり。

あるいは、いまここには存在しない故人の、何かだったり。

 

そう思うと、流れゆく雨水がどこかいとおしく、それでいてはかなく思えてもくるようです。

それは、もう過ぎ行く梅雨を惜しむことと、どこか似ているのかもしれません。

 

なにかを惜しいと感じること。

それは、時にかなしみであったり、さびしさであったり。

そう感じることは、どこかいまを生きていないような、過去に囚われているようにも感じてしまうかもしれませんが。

 

時に、そんな時間があってもいいように思います。

それもまた、過ぎ行くものへの愛の表現の、一つなのでしょうから。

 

空の色が、もう夏の色のようです。

梅雨明けも、もうすぐでしょうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20210715193652j:plain