大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

抜け殻、風に揺られて。

いたるところに、夏の風景が散らばっているようです。

 

今日は風に、ゆらゆらと茶色がゆらめいていました。

 

近づいてみると、蝉の抜け殻。

 

f:id:kappou_oosaki:20210724110033j:plain

 

樹木をよじ登って羽化したあとはよく見かけますが、こうした草で羽化する姿はめずらしいように感じます。

雌伏のときを経て、出てきた地上に、掴まるような木があたりに見当たらなかったのでしょうか。

 

それでも、あきらめずに風に揺れる草にしがみつき、登って。

羽化をした。

 

その生命の輝きを想い、しばし眺めていました。

 

大暑、いのちの輝き。

その盛りは、終わりが近いからこそ、輝きを増すのかもしれません。