大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

収集心のきらめき。

クリフトンストレングス・テスト(以前のストレングス・ファインダー)というテストがあります。

アメリカのGallu社が行っている、オンラインテストなのですが、そのGallup社が分類した34の資質について、テストを受けた人の固有の順位を教えてくれるものです。

 

その34の資質は「社交性」「戦略性」「共感性」「目標志向」などの資質があり、それらは大きく分けて「実行力」「影響力」「人間関係構築力」「戦略的思考力」という4つのカテゴリーに分類されます。

テストを受けると、それらの34の資質の順位を教えてもらえるため、自分を深く知るために役立ちますし、自分の才能のありかを教えてくれます。

 

私の上位資質は、

1.運命思考

2.ポジティブ

3.収集心

4.学習欲

5.適応性

の並びだそうです。

 

この中の1.運命思考、2.ポジティブ、5.適応性が「人間関係構築力」に分類される資質のため、私の強みはそこにあるそうです。

(とはいえ、長所と短所は裏返しであることと同じように、深く悩むのもそのぶぶんなのではありますが…)

 

それはさておき、今日はその中の「収集心」について書いてみたいと思います。

 

 

「収集心」の資質について、テストを受けて出るレポートには、こう書かれています。

 

あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を惹かれるから集めるのです。

(中略)

あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

 

まさに、よく私の資質を言い表しているものだと思います。

小さいころ切手を集めていましたし、サラブレッドのぬいぐるみを収拾するためにゲームセンターのUFOキャッチャーに多額の課金をしましたし、野球カードは昨年息子が買ってとお願いされたのを契機に、いまでは息子よりも私の方が熱心に集めています。

 

書籍、言葉、引用文などもそうです。

マンガや書籍は段ボール山積みになるほど溜めに溜めていましたし、心に残った言葉などを手帳にいくつも書いて残したりしています。

 

集めてどうするのか?というと、それを眺めてニタニタすることもありますが、どうも集めること自体が楽しいようです。

上に架かれている通り、「それが面白いのです」とは、まさにその通りです。

 

なぜ、こころが惹かれるのかは、よく分かりません。

けれど、集めたくなるのです。

 

そうした形のあるものもそうなのですが、最近はそうでないものも、対象になってきた気がします。

いろんな色の名前、雨をあらわす言葉、毎日見上げる空の色、風景、あるいは誰かと話した体験。

 

それを、缶詰なんかにして、こころのどこかに仕舞っておきたくなります。

 

 

私の好きな映画に、「SMOKE(スモーク)」という映画があります。

 

oosakinaoto.com

 

そこに出てくる主人公は、ニューヨークのブルックリンで煙草屋を営む店主。

彼は、毎朝決まった同じ時間に、店の前の風景を写真に撮ることを10年以上も習慣にしていました。

ある日、閉店間際にやってきた作家の親友に、そのコレクションを見せてあげます。

親友は、その膨大な量の写真のなかに、在りし日の妻が通勤する姿を見つけ、落涙します…

 

という物語の出だしなのですが、その写真を見せている時の、主人公と作家のやりとりが、とても「収集心」にあふれているのですね。

 

「なぜ、こんなことを?」

と作家が問うと、主人公は

「なんとなく、さ」

とくわえ煙草で軽く返します。

 

その主人公の返答に、私のような「収集心持ち」は、とっても共感を覚えるのですね。

 

そう、「なんとなく」なんです。

それを集めることに意味なんてないのかもしれないのですが、なんとなく、集めてしまうのです。集めずには、いられない、というか。

 

「SMOKE」のように、集めたその何かが誰かのためになることも、あるかもしれませんし、何の役にも立たないのかもしれません。

けれど、そのどちらでもいいような気がします。

 

ただ、集めたいから集める。

 

そうした資質のあり方というのは、ある種の「才能」と呼ばれるものと似ているような気がします。

 

目的があって、発揮される才能もあるでしょう。

けれど、何の目的も意図も無くても、ただやっていると、誰かが喜んでくれることも、時にはあるのでしょう。

そう、「SMOKE」の主人公のように。

 

あまり理性的に考えて、「なんとなく」感じたことを遠ざけないようにしたいものだと思うのです。

役に立つかもしれないから、というわけではなくて。

 

ただ、なんとなく自分のこころが惹かれたから。

ただ、それをやってみたいから。

ただ、それを集めたいから。

 

そんな童心とも呼べるような無邪気さを、大切にしたいと思うのです。