大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

大暑の末、夏の終わり。

それにしても、暑い日が続きます。

 

今日は曇り空だったのですが、湿気が高いせいで蒸し暑く感じます。

水分補給をこまめにして、熱中症に気をつけたいものです。

 

熱中症といえば、子どもごころに覚えているのは「日射病に気をつけましょう」というフレーズなのですが、いつのころからか「熱中症」の呼び方になっていました。

調べてみると、熱中症は日射病を含めた症状の総称のようです。

 

屋外の直射日光が当たる環境だけではなく、屋内でも体温調節には気を付けるように、という変化なのでしょうか。

いずれにしても、「まだ大丈夫」と感じたら、そこで休息を取りたいものです。

 

さて、そんな暑い日が続きますが、暦の上では今日が「大暑」の終わりのようです。

そうなると、明日は「立秋」。

 

この猛暑が続く中では、なかなか実感もないのですが、暦の上ではもう夏も終わりのようです。

 

夏が過ぎゆくと思うと、不思議と何かを探したくなります。

まだまだ暑い8月は続くのですが、どうしても過ぎゆくことにこころが惹かれるのです。

 

スマートフォンに入っている、この夏に撮った空の写真を眺めて、その色を思い出したりしてみたり。

それは過ぎ去ったことを嘆いたり、悔いたりすることとは、また違うようです。

 

ただなつかしく、いつくしむように。

その色を、光の加減を、その空気を、思い出してみたり。

 

あの色の空は、またどこかで見られるのだろうか。

いや、以前にどこかで見たのだろうか。

 

そんなことを想いながら。

ただ、夏が過ぎゆくのを、そのままに感じるのです。

 

f:id:kappou_oosaki:20210806170210j:plain