大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

暑くなるほどに、よろこびを。

それにしても、暑い。

 

そう思いながらも、この時間なのだから当たり前か、と思い直す。

スマートフォンを開くと、気温は37℃を示していた。

 

あれは、3年前だったか。

異常な猛暑、酷暑が続いた夏があったのを、思い出す。

7月の末から、連日37℃以上と、体温よりも高い気温がお盆あたりまで続いていた気がする。時に、40℃近くになった気温は、アスファルトの上を歩いているとローストされているような感覚になったことを覚えている。

 

今日の外気温は、それに近い感じの、少し暴力的な暑さだった。

 

夏に活動するなら、早朝か夕方。それが鉄則なのだが、なぜかこの最も気温のたかくなる時間に、感じたくなった。

その熱を、陽の強さを、そして、過ぎゆく夏を。

 

f:id:kappou_oosaki:20210808130953j:plain

 

いつもの川沿いの通り道。道行く人が全くいなかったのは、さすがにこの炎天下だからだろうか。たしかに暑いは暑いのだが、それでも木々の間を通り抜ける風が、心地よかった。

時に、「涼風至、すずかぜいたる」。吹く風にも、わずかながら涼しさを感じる時候。

 

しかしながら、それでも暑い。

それでも、この暑さがいいんだ。

 

これぞ、夏。これでこそ、夏。

全身から汗が吹き出てくるのを感じながら、暑い夏によろこびを覚える。暑くなるほどに、そのよろこびは大きくなるように感じる。

もっと、もっと熱を、と。

 

それは、私が夏生まれだからだろうか。

よく分からないが、盛りが、極致が、好きなのかもしれない。

 

そういえば、真冬も日中の暖かい時間よりも、凍える早朝の空気が、好きだ。

 

そんなことを考えながら歩いていると、青々とした草木が目に入るが、花の姿をあまり見かけないことに気づく。

花が少なくなるのは、真夏も真冬も似ているのかもしれない。

極みには、花は咲かず。それは、どこか示唆的だ。

 

 

f:id:kappou_oosaki:20210808130934j:plain

 

その中でも、咲いていたオレンジの花。

真夏の日差しを一身に浴びて、それに向かって花を開かせていた。

 

不思議と、音のしない、静かな時間が流れていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210808131052j:plain

 

その開いた花弁を見つめる。

この花もまた、太陽に向けてよろこびを表現しているような。

 

f:id:kappou_oosaki:20210808131111j:plain

 

揺れる木々の間から漏れる陽は、毎秒ごとにその光の加減を変えていく。

それとともに、その花弁の色もまた、次々と変わっていく。

 

額の汗を拭いながら、しばし、それを見ていた。

静かな、時間だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20210808131102j:plain

 

静寂の時間は、再び蝉が鳴き始めたことで終わりを告げた。

 

夏のイメージは蝉の鳴き声や花火と、喧騒のイメージがあるけれど。

その極みは、どこか静寂とともにあるような気がした。

それは、どこか真冬と似ているのかもしれない。