大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

はじまりは、いつも雨。

お盆にこれだけ雨が続くのは、あまり記憶になかった。

 

墓参りにも行きたかったが、大雨洪水警報が出ている中だったので、また機会を改めることにした。

しかし、天気予報を見ると一週間先までずっと雨マークが続いていた。

 

昔読んだ時代小説の中で、「夏に雨が続いてお天道様が見えないと、政変のような大きな変化がある」という台詞があったのを思い出す。

そうとも言えるし、そうでないとも言えるのだろう。

 

日用品を買いに、近所まで出かける用事があった。

車で行こうと思ったが、少しこの空の下を、歩きたかった。

 

この雨のお盆の、空の下を。

 

f:id:kappou_oosaki:20210815205606j:plain

 

青空の美しさを見上げるようになったのは、いつ頃だっただろう。

雨に濡れる景色が、それと同じくらいに美しいと思うようになったのは、いつ頃だったか。

 

八月十五日。

お盆まっただ中、終戦の日。

否が応でも、終わりと意識せざるを得ない日。

 

ただ、

終わりは、始まりとともにある。

 

案の定、雨はまた降りだした。

 

はじまりは、いつも雨。

珠玉の名曲のタイトルを思い出しながら、傘を開く。

開いたその傘を叩く音が、心地よかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20210815205627j:plain

 

半年前も、歩いたこの道。

雨に濡れて。

 

雨に濡れていたのは、この道だったのか、それとも。

 

f:id:kappou_oosaki:20210815205617j:plain

 

振り返れば、また同じように濡れた道が。

 

どちらから来て、どこへ行くのか。

それはどちらでも、同じなのかもしれない。