大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

白秋、そして橙と。

雨上がりの午後、川沿いを歩きました。

ここのところ、こうしてゆっくりと歩くような時間を取れていなかったので、久しぶりのように感じます。

 

夏の間、あれほど騒いでいた蝉の声は、もうどこにもなく。

湿り気を帯びながらも、ひんやりとした空気が、季節の移ろいを感じさせます。

 

f:id:kappou_oosaki:20210911145355j:plain

 

はっと目を奪われたのは、頭上の桜の木の枝。

もうすでに、黄色く色づいていました。

 

思い出すのは、満開の桜のあとの、輝くような新緑の色。

半年も経たないうちに、それがもうこんな色に変わるとは。

 

目に見えていないだけで、大きな大きな変化が起こっていることを、感じさせます。

 

f:id:kappou_oosaki:20210911145347j:plain

 

足元にも、落ち葉が。

明け方の雨に濡れて、少し寂し気に。

 

白秋という言葉がある通り、秋は白に例えられることがあります。

白とは、時に死を連想させる色。

 

夏の盛りを過ぎて、静かに命がその役目を終えていく。

次代にその命を託す、実りを残して。

 

それは夏至を過ぎたころから、始まっていた、大きな流れ。

 

f:id:kappou_oosaki:20210911145452j:plain

 

白地の中心に、紅がさして。

そんな路傍の白い花を眺めながら、そんなことを考えます。

 

これから、秋の花がたくさん咲いてくるのも、また楽しみです。

 

f:id:kappou_oosaki:20210911145446j:plain

 

コスモスに似た、橙の花。

秋は白ですが、この橙色もまた、秋のイメージに合った色のように感じます。

 

白秋、そして橙。

 

秋の色をたくさん吸い込んで、そして少し曇天を見上げて。

また、ゆっくりと川沿いを歩きました。