大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

風に揺れる、そのままに。

時に秋分。

あるいは七十二侯では、菊花開(きくのはなひらく)の時候に入りました。その名の通り、菊の花たちが咲き誇る時期です。

 

ちょうど、今日は旧暦の9月9日、重陽の節句。

重陽の節句では、菊の花びらを浮かべた菊花酒を飲む習慣があり、不老長寿を願ったそうです。菊の花を見るかける時期になると、秋の深まりを感じます。

 

そんなことを考えながら歩いていると、小さな萩の花。

 

f:id:kappou_oosaki:20211014193910j:plain

 

秋の風に、その小さな紫が揺れて。

近くを、黄色い蝶々がひらひらと飛んでいきました。

 

秋の季節は、やはりどこか寂しさの風を帯びて。

諸々のことが終わりゆく無常を、感じさせてくれるようです。

 

自分の気持ちに寄り添うことがたいせつと、よく言われます。

 

しかし、寄り添うとは、いったいどういうことを意味するのでしょうか。

 

「寂しいんだね」と、共感すること。

「大丈夫だよ」と、元気づけてあげること。

「寂しくて当たり前だよね」と、理解を示すこと。

 

どれも、寄り添うことなのでしょう。

どれも、尊い行為だと思います。

 

それでも、風に揺れる萩の花を眺めながら。

 

ただ、そこにいること。

さびしさを、そのままにしておくこと。

 

それもまた、一つの寄り添うことなのだろうと感じます。

 

決して、無視をしているわけでもなく。

無力さに卑屈になるわけでもなく。

 

ただ、そこにいる、ということ。

流れる感情を、そのままにする、ということ。

 

それもまた、一つの寄り添う形なのでしょう。

 

この世界を彩る秋の風が、そうであるのだから。

 

ただ、そこにいることもまた、寄り添うことの、愛の表現の一つなのかもしれません。

 

留めようとせず。消そうとせず。

ただ、浮かんでは荒れ、そしてうたかたのように割れる、そのままに。