大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

虹の根っこを見た、師走のはじまり。

気付けば12月、師走になりました。
2021年も、もうあとひと月で終わりのようです。

あっという間の一年だったような、それでいてたくさんのことが詰まった一年だったような。
まだ振り返るのは少し早いと思いつつも、そんな心持ちがしています。

時候は小雪も末侯、「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」。
ミカン、柚子、金柑といった柑橘類が色づき始めるころです。

もうすぐ冬至でもありますし、柚子が大活躍する時期ですね。

さて、そんな師走ついたちの朝、冷たい風の吹く空に、虹を見かけました。

f:id:kappou_oosaki:20211202063433j:plain

根元まで、くっきりと。

あわてて車を停めて、見上げておりました。
その隣で、分団の集合を待っていた小学生も、「おぉー!」「すげー」と、皆一様に見上げておりました。

f:id:kappou_oosaki:20211202063509j:plain

しばらく見上げていると、徐々に円環の上の方も形になってきて。

見事なアーチを描いていきました。

f:id:kappou_oosaki:20211202063446j:plain

少し、見晴らしのいい場所で。

ここまで見事な半円になっている虹を見たのは、久しぶりのような気がします。

f:id:kappou_oosaki:20211202063440j:plain

普段見慣れた風景が、まったく違う奇跡のような景色になったようでした。

そういえば、先日、同じように雨がぱらついた朝、「虹が見えるかもしれない」と思ったのですが、見えず。

やはり、「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」の時候だからなぁ、と思っていたのですが、まさかこんなに見事な虹が見えるとは。

探すと見当たらず、期待していないと見つかる。
なんだか、不思議なものです。

車を停めた場所に戻ってくると、小学生たちはもう出発したようでした。
あの見事な虹を見上げながら、登校したのでしょうか。

私の同じように、車窓から虹を見ながら、車を走らせるのでした。

2021年の終わりの月は、素敵な虹とともに。