大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

「自立」とは必ず通るプロセスだから、そこで起きたことはすべて必要だったもの。

「自立」とは、私たちの心が成長する中で、必ず通るプロセスです。

そこで起きたことはすべて必要だったものであり、それがあるからこそ「相互依存」という次のステージに向かえるのです。

1.がんばるのは自分自身だけれども

先日の記事では、がんばるのが自分だけれども、一人でやらなくてもいい、というテーマでお伝えしました。

がんばるのはあなた自身だけれども、あなたは一人でそれをしなくてもいい。 - 大嵜直人のブログ

私たちの心は、「依存」から「自立」へと成長していきます。

「依存」とは、誰かに何とかしてほしい状態であり、自分では何もできない(と思い込んでいる)状態です。

その反対に、「自立」とは、誰にも頼らずに自分だけでなんでもやろうとする状態を指します。

多くの場合、「自立」の道を選ぶのは、「依存」時代に傷ついたことが原因です。

「もう、与えてくれないんなら、自分でやるから要らない!」という感じです。

「自立」すると、自分ができることが増えるというポジティブな面がありますが、その反面、孤立しやすくなったり、周りと葛藤を抱えやすくなります。

さて、私たちが何がしかの「問題」に出くわすと、「依存」の状態に叩き落されます。

そりゃあ、そうですよね。

「どうしたらいいのか、分からない」のが、「問題」だからです。

しかし、「依存」の状態にいると、他責思考、被害者意識が強いため、なかなか状況を変えることが難しかったり、「問題」が長引いたりします。

そこで、まずはもう一度、「自立」へと向かう必要があるのですが、そこで抵抗が出るんですよね。

「また、孤独になるんだよな…」とか、「また、あんなしんどいことをするんだよな…」とか。

でも、そうではないんですよね。

自分の足でがんばって「自立」へと踏み出すのは、自分自身ですが、それは一人でやらなくてもいい、というのが昨日のテーマでした。

誰かの力を借りていいし、仲間と一緒に向かってもいい。

自分一人で、やらなくてもいいんです。

2.「自立」は必ず通らないといけないプロセス

この、「自分一人でやらなくてもいい」という言葉を聞くと、抵抗が出る人もいるかと思います。

今日は、そんな心理を、少し掘り下げてみたいと思います。

誰かと一緒にやること、助けを求めること、教えを乞うこと…そうしたことに、なぜ抵抗を感じるのか。

なぜ、自分一人でやらないといけないと、感じるのか。

それは、もし「一人でやらなくてもいい」ことが真実だったら、いままで一人でやってきた自分を否定してしまうように感じるのが、一つの要因です。

「え?なに?一人でやらなくてもいいの?」

「えぇ…それなら、ずっと一人でやってきたわたしって、バカみたいじゃん!」

そんな感覚でしょうか笑

いや、これ笑いごとでもなくて、結構切実なんですよね。

いままで自分がやってきたこと、歩いてきた道が、否定されたように感じるわけですから。

けれど、真実はそうじゃないんですよね。

「自立」というのは、人の心の成長のなかで、必ず通らないといけないプロセスです。

「依存」から、「自立」をすっとばして、「相互依存」には至れないんですよね。

だから、「自立」のプロセスのなかで得たものは、必要なものなんです。

逆に言えば、それがあるからこそ、「相互依存」という、次のステージに入れるわけです。

だから、いままで一人でやってきたこと、誰も頼らずにやってきたことを、否定しなくても大丈夫なんです。

むしろ、よく今日までやってきましたよね、と自分をねぎらってほしいところです。

そのおかげで、新しいステージの扉が開くわけですから。

新しいステージとは、もちろん「相互依存」です。

言ってみれば、「問題」とは、その扉をノックしてくれているような存在なのかもしれません。

3.相互依存は「依存」である

「相互依存」とは、その言葉の通り、「依存」です。

しかし、そこでいう「依存」とは、いわゆる「弱さ」ではなく「謙虚さ」というイメージでしょうか。

「自立」していると、どうしても自分が受けている愛や恩恵、好意を受けとりづらくなります。

「自分一人だけが、やっている」

「誰もやってくれないから、自分がやるしかない」

「自分の力だけで、ここまでやってきた」

といった具合に。

はい、私もよくそんなことを考え、世に中指を立ててきました笑

でも、そうじゃないんですよね。

一人でがんばってきた人にとっては、とても厳しい言い方に聞こえるかもしれませんが、それはある種の傲慢さなんですよね。

私たちの持っているもののなかで、自分一人だけの力で得たものが、どれだけあるでしょうか。

自分一人だけで成し遂げたものが、どれくらいあるのでしょうか。

…と、こういうことを書くと、説教臭くなるんで、イヤなんですけれど笑

でもね、「自立」を手放すって、そういうことなんです。

自分が一人でがんばってきたことは、嘘でもなんでもないし、事実だと思います。

その自分のがんばりを、自分自身がねぎらってあげることは、必要なことです。

けれど、じゃあそこで誰からも何も与えられなかったのかといったら、決してそうではないと思うのです。

はい、認めるのはシャクですが笑

その与えられたものの大きさ、豊かさを、「ありがたいなぁ」と受けとることができるのが、ここでいう意味の「依存」です。

それは、決して弱さでもなんでもなく、自分以外の誰かや何かに対する「謙虚さ」なのだと思うのです。

「相互依存」について、少しイメージをしていただけましたら、幸いです。

今日は、「自立」で起きたことは、すべて必要だったもの、というテーマでお伝えしました。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

〇大嵜直人のカウンセリングの詳細・お申込みはこちらからどうぞ。

※ただいま7月度の個人カウンセリングを募集中となります。

〇カウンセリングのご感想のまとめはこちら。