大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。死別や失恋、挫折といった喪失感から、つながりと安心感を取り戻すお手伝いをしております。

受けとって癒されるのは半分まで、残りの半分は与えてこそ。

「癒されて半分、与えて半分」という言葉があります。

私たちが真に癒されるには、私たち自身を与えていくプロセスが必要なようです。

1.与えられなかったものが持つ意味

昨日の記事では、与えられなかったものが持つ意味、というテーマでお伝えしました。

小さな傷ついた自分にかける言葉は、あなたが誰かに与えられる才能を示している。 - 大嵜直人のブログ

このテーマって、心の世界のなかでも「かなりコアな部分」だと、私は思っています。

それだけに、何度でもお伝えしたいと思っているものでもあります。

端的に言ってしまえば、

「あなたが与えてもらえなかったものは、あなたが与えることのできるもの」

という視点です。

昨日の記事を読まれていない方は、「は?」と思われるかもしれません笑

でも、これって真実なんですよね。

どうしても、与えてほしくてたまらなかったもの。

それがないことで、苦しくて苦しくて、仕方がなかったもの。

それは、自分が与えられるものなんですよね。

それを、「才能」と表現することもできるのでしょう。

昨日の記事でもご紹介しましたが、「平和の天使は、どこに生まれるか?」という問いかけも、それを示しています。

この「自分が与えることができるもの」という視点は、自分を真に癒す上でも、非常に大切なものになります。

今日は、この視点をもう少し掘り下げてみたいと思います。

2.被害者を抜け出すために

これ、私のカウンセリングでも、中核的なテーマになることが多いものです。

「与えてもらえなかった」という悲しみや苦しみ、怒りや不満といった、ネガティブな感情。

それは、その人にとって、ものすごく痛いもので、それゆえに

「もう、なんとかしてほしい」

と感じるものです。

えぇ、私もずっとそうでした笑

その痛みに寄り添ったり、側にいたり、感情を受け止めてもらうことは、必要なことであり、とても大切なことです。

ただ、それが全てかというと、そうでもありません。

それを続けていくと、ずっと「被害者」のポジションから抜け出せないからです。

「悪いのは周りであり、私はひどいことをされたんだ」

という想いが免罪符となり、自分は何もできない=何もしなくてもいい状態にどっぷりと漬かってしまうからです。

だから、そうした感情を受け止めてもらう、寄り添ってもらうという経験をしたあとは、自分が自分を受け止めて、寄り添えるようになっていく必要があります。

カウンセラーにしても、親友にしても、常に一緒にいられるわけではありません。

24時間365日、いつも一緒にいるのは、自分自身です。

その自分自身が、自分に寄り添えるようになること。

それができるようになると、ずいぶんと景色が変わります。

「被害者」の立場から、少しずつ足を洗うことができるようになっていきます。

そこで、「自分が与えられるもの」にフォーカスしていくことが、大切なんですよね。

だから、私はいつも、「このクライアントさまの才能、与えられるものは、なんだろう?」という視点で、お話を伺います。

3.癒されて半分、与えて半分

「癒されて半分、与えて半分」

心の世界には、そんな言葉があります。

「癒されて」というのは、受動態ですよね。

受け身の姿勢なわけですから、先のお話でいえば、自分の痛みやネガティブな感情を受け止めてもらったり、寄り添ってもらったり、あるいはそれを自分でできるようになるプロセスを指します。

ただ、そこではまだ「半分」なんですよね。

少し言い方はアレかもしれませんが、どこまで寄り添っても、受けとめても、癒しても、それは「半分」に過ぎないわけです。

じゃあ、残りの「半分」は何か。

そうです、「与えること」で、私たちは真に癒されるんです。

もちろん、そこでいろんな抵抗は出ますよ。

「なんで、私がこんなことを」とか。

「私だって、完全に癒されているわけじゃないのに」とか。

はい、これを書いている私自身も、そうです。お恥ずかしながら笑

でもね、その不満というか、寂しさというか、そういったものも持ったままでいいんです。

そのままに、進んでいけばいいんです。

与えていけば、いいんです。

そうすることで、残りの半分が満たされ、癒される。

先に挙げた金言は、そんなことを教えてくれます。

それを、無理にやる必要はありません。

先に書いた通り、まずは自分の痛みや苦しみを、受けとめてもらうこと。

その痛みを、和らげること。

それが、最優先です。

しかし、それだけで終わりでは、ないんです。

その先に待っているのは、あなたの才能であり、光であり、ギフトであり…そしてそれを喜んで受けとってくれる人たちです。

「癒されて半分、与えて半分」。

痛みの最中にあっても、忘れないようにしたい視点です。

今日は、受けとって癒されるのは半分まで、残り御半分は与えてこそ、というテーマでお伝えしました。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

〇大嵜直人のカウンセリングの詳細・お申込みはこちらからどうぞ。

※ただいま6月度の個人カウンセリングを募集中となります。

〇カウンセリングのご感想のまとめはこちら。